top of page

POLA/特許医薬品に認定できるのにしなかったしわを取る美容クリーム。A cosmetological cream that removes wrinkles that could not be certified as a patented drug.


ポーラ リンクルショットメディカル セラム

特許成分のシワ取りクリーム。

メーカーは、一般に普及したい、との思いから、医薬品認定を取れるのに、医薬品、にしませんでした。

その化学構成は、複雑で、とても完成された商品です。

目尻にほんの一粒を柔らかく、たたき付けてください。

気長に使ってください。

POLA Wrinke Shot Medical Serum 20g

Patent ingredient wrinkle removal cream. Manufacturers decided not

to use pharmaceuticals because they wanted to gain general approval

because they wanted to spread.

Its chemical composition is complex and very complete.

Tap only one grain into the corner of the eye.

Please be patient.

最新記事

すべて表示

日本における少子高齢化社会をどう乗り切るべきか?

日本における少子高齢化社会をどう乗り切るべきか? 日本は、世界の中でも、少子高齢化社会が顕著に現れております。国連の報告によると、2022年時点で世界の人口の65歳以上が、10億人を超え、今後30年間でさらに20億人に達すると予想されています。特に、東アジアやヨーロッパで高齢化が著しく進展すると考えられます。 現代の若者は、娯楽が多く、医療も発展していることから、余分に、子供を持つことは、少なくな

日本における少子高齢化社会がもたらす現象と対策と課題

日本における少子高齢化社会がもたらす現象と対策と課題 日本における15歳から64歳までの生産人口は、1995年をピークに減少を続けており、2020年には7450万人で、総人口に占める割合は59.4%になっています。今後、生産年齢人口は、さらに減少していくものと推計されており、社会保障制度の維持や経済成長の停滞が懸念されています。 高齢者人口の増加により、65歳以上人口は、1970年には700万人を

日本の人口動向と日本人が長寿国であることの要因

日本の人口動向と日本人が長寿国であることの要因 日本の人口動向 2024年現在、日本の人口は、約1億2500万人と推計されており、世界12位の人口規模となっています。しかし、近年は深刻な少子高齢化の影響で人口減少が続いており、2023年には、ついに自然減に転換しました。 出生率は、2023年には、1.30と過去最低を更新し、合計特殊出生率も1.35と依然として出生ラインの2.0を大きく下回っていま

Comments


bottom of page