top of page

認知症の徘徊対策|安心して介護をするCountermeasures against wandering in dementia | Provide care with peace of mind

今回は、認知症の徘徊で困っている人の対処法です。

私は、残念なことに、道路下のフェンスに囲まれている老人を見たことがあります。これは、かわいそうです。

具体的には、衣服の胸の上あたりに名前と、住所を書いておきます。これは、前、後ろでも構いません。

このように迷子になったら、必ず、連絡がくるように衣服に名前、連絡先を書いておきます。そうすれば、行方不明にもなりません。

このように工夫をして、介護をする人も、介護される方も、なるだけ、負担がかからないようにしてみることをしましよう。

これは、実際、介護の教習で、習った事項です。

自宅で、認知症を看ることは、大変です。なるだけ、負担のかからない形で、生活できれば良いですね。

そうすれば、気持ちにも、余裕が出ます。

あまりに、監視したり、干渉するのも、疲れます。

徘徊は、厄介ですが、万が一のために、このような対策をとっておきましょう。

今回は、徘徊対策についてのお話でした。困っておられる方の参考になれば、嬉しいです。


This time, we will discuss how to deal with people who are having trouble wandering around due to dementia.

I once saw an old man surrounded by a fence under the road, unfortunately. This is so cute.

Specifically, write his name and address on the top of his clothes. This can be in front or behind.

If you get lost like this, be sure to write your name and contact information on your clothes so someone can contact you. That way, it won't go missing.

Let's try to make this as easy as possible for both the caregiver and the person being cared for.

This is actually something I learned in nursing care training.

Caring for someone with dementia at home is difficult. It would be great if we could live our lives as painlessly as possible.

That way, you will feel more at ease.

It's tiring to monitor and interfere too much.

Wandering around can be a nuisance, but just in case, you should take measures like this.

This time, we talked about measures against wandering. I would be happy if this could be helpful to those who are having trouble.

Kommentare


bottom of page