top of page

自然から貰おう!心の余裕の作り方.Get it from nature! How to make a margin of mind.

今回は、心の余裕ある生活について書いてみようと思います。今回は、物語風に書いていきます。

私は、幼い頃学校で「朝顔」を育てました。この花は、夏に咲く花で朝だけに咲く。ツルが出るので、支柱が必要になります。これは、日本の学校で栽培学習がある。

その学習の終わった朝顔は、花が開くと今度は種ができます。その種を、家の一角に投げるように多分、母は、捨てた。

そうすると、とても性質の強い朝顔は、春先になるとぐんぐん芽を出したのです。そうして、支柱の代わりに古ぼけた自転車が置かれた。そうすると、朝顔は、年々大きくなり、とても立派な花を咲かせました。

幼い私は、この大きく咲き誇る花を眺め、とても感動していました。そんな時、学校で、作文コンクールがあった。この朝顔の情景を綴ったものでした。

体験した具体的な事柄を作文することは、簡単ですが、当時の私には、非常に難しい題材でした。だから、何も、評価がつかなかった。

けれども、とても、幼い心に心が打たれる程、非常に美しいものでした。花は、朝のみずみずしい空気を含み、その花は、夏の早朝の日光にあたり、群生になるととても迫力があった。毎朝、起きると、すぐに、朝顔を眺めに走ってそこに駆け寄ったものでした。

人は、何の為に働くのか、何の為に自然を堪能するのか、そんなことを考えていつも私は、お気に入りの風景をスケッチしたり、シャッターを切ります。

多分、人間は、植物には勝てないと思う。そんなことを思いながら、私は、多くの花の写真や風景に映り込む、木々を愛でる。

植物は、安らぎを与えてくれる。だから、とても、心が、リフレッシュする。一時期、オゾンとか、言われたけれども、これは、あまりに科学的すぎる。

ビルや街の風景を撮った写真もある。けれども、私は、自然のもたらす、優しい心地よさには、敵わない、と感じることがある。

なぜなら、そこには、1年を通じて、表情が、違うからです。そうして、その織りなす風景は、人工物である建物に添えられ、その建物の表情さえ変えるのです。そうやって、私たちは、心の余裕を自然からいただいているのです。

これは、紛れもない事実で、このことを通じて、私たちは、謙虚になり、もっと自然を愛することが、必要です。

時に、心の余裕のない時があります。その時、周りを見渡してください。大抵そこには、自然はありません。

それは、人工物が、いかに、人々の心の余裕を奪うものか、知ることになると思います。

心の余裕は、自然からの恵みだと、感じます。だから、自然に囲まれ生きている人は、幸せだと、感じることが、多いです。街はとても快適です。生活も不自由しません。けれども、現代の人々の心は、少し、疲れているように見えます。

心の余裕は、自然からのプレゼントです。

This time, I would like to write about a comfortable life. This time, I will write it in a story style.

I grew up “morning glory” at school when I was little. This flower blooms in summer and blooms only in the morning. Since the vines will come out, you will need a support. This is a cultivation study at a Japanese school.

After the learning, the morning glory will produce seeds when the flowers open. Perhaps my mother threw the seed into a corner of the house.

Then, the morning glory, which has a very strong nature, sprouted steadily in early spring. Then an old bicycle was placed in place of the stanchion. Then, the morning glory became bigger year by year and bloomed very splendid flowers.

When I was young, I was very impressed to see this big flower. At that time, there was a writing contest at school. It was a spelling of this morning glory scene.

Writing the specifics that I experienced was easy, but it was a very difficult subject for me at the time. So nothing was evaluated.

However, it was so beautiful that it touched my childhood. The flowers contained fresh air in the morning, and the flowers were exposed to the sunlight in the early summer morning and were very powerful when they became clusters. As soon as I woke up every morning, I ran to see the morning glory and rushed there.

Thinking about what people work for and what they enjoy nature for, I always sketch my favorite landscapes and release the shutter.

Maybe humans can’t beat plants. With that in mind, I admire the trees reflected in many flower photographs and landscapes.

Plants provide comfort. So, my heart is refreshed. For a while, it was called ozone, but this is too scientific.

There are also pictures of buildings and cityscapes. However, I sometimes feel that I cannot match the gentle comfort that nature brings.

Because there are different facial expressions throughout the year. Then, the weaving landscape is attached to the artificial building and even changes the expression of the building. That’s how we naturally get the leeway of our hearts.

This is an unmistakable fact, through which we need to be humble and love nature more.

Sometimes I can’t afford it. At that time, look around. Usually there is no nature there.

I think it will give you an idea of how man-made objects take away people’s minds.

I feel that the leeway of my heart is a blessing from nature. Therefore, people who live surrounded by nature often feel happy. The city is very comfortable. Life is not inconvenient. But the minds of modern people seem a little tired.

The leeway is a gift from nature.

Comments


bottom of page