top of page

経済が衰退|政府の思惑通りにならない若者は賢いEconomic decline | Young people who don’t do what the government wants

日本の物価上昇は、悪い循環になりつつある、と思う。このインフレは、良性ではなく、悪性っていうことを認識しておいた方が良い。インボイス制度っていうのが、スタートしました。これは、10,000,000円の売り上げのない会社は、消費税を払わなくて良い制度でした。

2023年の日本の消費税は、10%である。私なんて関係ない、って思っていたら、違っていた。不動産賃貸っていうのは、基本的に免税業者が大多数。なのに、店舗や駐車場が課税対象になる場合がある。

ここが、断定しないのが、申告制だからです。

店舗家賃は、飲食店の売り上げに関わるから、この頃、税抜価格が、多くなり、実質、10%値上がりしています。

私なんて関係ないと思っていたら、田舎の小さな駐車場だけれども、契約者に企業がいる。私にとってとても嬉しい顧客です。大事にしたいのです。だから、インボイスのお尋ねが、丁寧に封書で、送られてきた時は、びっくりしましたが、やはり、消費税を払うよう手続きをしました。大切な取引先に、負担は、かけられないからです。

私の場合、消費税は、まだ導入せず、自腹で、少ない売り上げから、利益を持ち出して、当分、運用することにしました。いろんな考えがあるけれども、私は、そう決断したのです。

こんな小さなことをしていても、影響があるから、これは、もう、値上げラッシュの始まりです。どこまで、同じ値段で運用できるかわからないけれども、世間の値上がりを考えると、そう長くは、同じ値段で運用するのは続かないと思う。

それに、賃金は、上がらないし、雰囲気は悪い。

だから私は、盛んに、旅行なんて、行っていた時期があったけれども、そんな気力は、今は出てこない。

世界情勢が悪くなる中、国内も大変で、もう、買い物ができないって、家族も、異口同音に言う。

だから、この頃、足を運ぶのは、ディスカウントストアです。そのお店は、車が並ぶ。駐車場に入りきれないのである。普通のスーパーでは買えないような商品が、買える。もう、必須のお店になっています。

こんな中でも、住宅を建てたりする人も多い。だから、日本でも、二極化が進んでいるな、って感じる。

もう、インフレであり、購買力は、着実に落ちているから、不況、つまり、スタグフレーションに突入している模様。

政府は、子育てに力を入れているけれども、長く、不況の中、育った若者は、贅沢をせず、負担になるような結婚もしない風潮にある。そうやって、結婚しない若者は、多いので、子供は増えない。

結婚しなくても、今頃は、多くの娯楽もある。いろんなことに縛られて、子供を育てたところで、老後、自分の子供が、世話なんてしてくれるなんていう、儒教の教えなんて、古臭くて、誰もそんなこと考えない。

自分で精一杯なので、子供ができたところで、負担をたくさん抱える、ように考える。

子供を産む女性もいるけれども、昔は、跡取り、と言って、男児が好まれたが、今は、そうではない。心の繋がりやすい、女児が人気です。

お墓なんて、もう、少子化でだいぶん少なくなって、墓地も空きがたくさんある。

ずいぶん前だけれども、私の叔母が亡くなった。東京は、遺体の焼き場にも困っているらしく、葬儀をしてから、1週間、遺体を冷凍保存して、遺体を焼いたのです。

老人は、多くなると、こう言うこともどこかで、聞く。

若者は、年金は当てにならないって、ことで、自己防衛するから、そうたやすく、子供は、作らない。

まさに、悪循環です。

企業は、日本人相手に、商売はしなくなり、海外に進出するだろうし、このような日本市場を標準にしていたら、たちまち、成長できなくなる。

厳しい時代になった。

私たちのできることは、生活防衛しかない。生活に困ったら、前にも、書いたけど、プライドなんか捨てて、福祉に頼った方が良い。医療費も、タダだし、生活はできる。決して、自殺なんて、してはいけない。

Bình luận


bottom of page