top of page

秋の松尾芭蕉|秋風や藪も畠も不破の関Matsuo Basho in Autumn | Autumn breeze, bushes and fields are all fuwa no seki

今回も、日本の俳句をご紹介したいと思います。前にも書きましたが、日本語は、言葉数を「五・七・五」とすることにより、身耳触りの良い、軽快な言葉になります。こうやって、言葉を操る面白さを感じるものです。

今は、季節は、秋なので、この俳句を選んでみました。

秋風や藪も畠も不破の関 1684年野ざらし紀行・松尾芭蕉

akikaze ya yabu mo hatake mo fuha no seki

この作者は、松尾芭蕉(1644-1694年)です。

「関」といえば、日本人なら、連想するのは、最も激しい戦のあった、関ヶ原の戦い(1600年10月21日)である。この「関」に掛け言葉で、「関所」の「関」と掛け合わせています。もちろん、秋風には、殺伐とした風景に添えるように、強調しているのですが、これが、秋であることに、今後も、寒さつまりそれ以上に荒涼としていく様を強調しています。その荒涼とした、激しい戦いのあとは、藪や、荒れ果てた畠になっているのです。

この地方は、伊吹山があり、これは、日本の最北端で、高山植物が育っているほどの高さがあります。その山から、吹き落とされる風は、夏も冷たく、さらに、晩秋になっては、身が凍えるのである。そのように、この地方の秋風は、辛く、ますます、冷たくなり、荒廃する様子が、まざまざと、描かれているのである。戦さから、作者が詠んだのは、もう、84年も経っている。現在も、荒涼とした広場が広がっています。

このように、歴史観と、荒涼とした景色を目の前にして、松尾芭蕉は、心情を、俳句に歴史を刻んだのです。

とても、印象的な俳句です。


This time too, I would like to introduce Japanese haiku. As I wrote before, Japanese has a ``5, 7, 5'' number of words, which makes it easy to understand and easy to understand. In this way, you can feel the fun of manipulating words.

Since the season is autumn now, I chose this haiku.

The autumn breeze, the bushes, and the fields are all unbreakable barriers.

1684 Wild Travels by Matsuo Basho

akikaze ya yabu mo hatake mo fuha no seki

This author is Matsuo Basho (1644-1694).

When speaking of ``Seki'', Japanese people associate it with the Battle of Sekigahara (October 21, 1600), where the most violent battle took place. This ``Seki'' is a word used in combination with ``Seki'', which means ``Sekisho''. Of course, the autumn breeze is emphasized to complement the desolate landscape, but it also emphasizes that it is autumn and that it will continue to be colder and even more desolate. After that desolate and fierce battle, there are bushes and desolate fields.

This region is home to Mt. Ibuki, the northernmost point of Japan and high enough to support alpine plants. The wind that blows down from the mountains is cold even in summer, and even more chilling in late autumn. In this way, the autumn winds in this region become harsher and colder, and the devastation is vividly depicted. It has already been 84 years since the war began, when the author wrote the poem. Today, a desolate square still exists.

In this way, with his historical perspective and the desolate landscape in front of him, Matsuo Basho carved his feelings into history in haiku.

This is a very impressive haiku.

#Autumn breeze, bushes and fields are unbroken #Desolation #Battle of Sekigahara #Matsuo Basho

Kommentare


bottom of page