top of page

石川啄木の「必要はもっとも確実な理想である」人生の生き方を教える言葉Takuboku Ishikawa's words that teach us how to live life: ``Necessity is the surest ideal.''

必要はもっとも確実な理想である

石川啄木(1886-1912年)


私は、この言葉を非常に興味を持ちました。「必要」とは必ず要るもので、それは、確実に欠かすことのできないもの、とされる。つまり、「必要」は、必ず手に入れるという前提がある。しかし、「必要」としていても、必ずしも、手に入れることはできないことがある。


だから、「必要」っていうのは、具体的な身近な目標であることが多い。でも、必要とするものは、手に入れることは、約束されていない。しかしながら、この「必要」なリストには、具体的に、自分が望んでいることには、間違いない。だから、「必要」って思うことは、これは、具体的な願望である。


この願望を「理想」としたところが、なかなか、石川啄木の性格が伺うことができるのです。つまり、大きな目標を達成するには、小さな「必要」をいくつも達成すると、これは、少しずつ、自分の願望に近づくことである。としている。


とても、人生の生き方を教える言葉と感じるのです。


「必要」を積み重ねると、これが、徐々に、「理想」に近づくとした、この言葉は、とても親近感を覚えるのです。


誰でも、「理想」はあるけれども、「夢」のように感じることは、多いと思うのです。しかし、この「夢」つまり「理想」を叶えるには、小さな積み重ね「必要」をコツコツと努力していけば、達成できる。つまり、「理想」になる。それも、「確実に」。


こういう言葉は、感激する。なぜなら、「理想」の姿に「確実」になるには、「必要」を満たせば、良いのです。


「必要」は、大きな事柄ではない。「必要」を丁寧にこなすと、時間が味方して、自ずと、「理想」になる。簡単な言葉ではあるけれども、深い教えのある言葉、だと感じる。


とても、地に着いた考えであり、なんとなく誰もがこれを実践すれば、「確実に」「理想」の姿、になれると、確信される、言葉です。


この言葉、とても、励まされる言葉です。



Necessity is the surest ideal

Takuboku Ishikawa (1886-1912)


I was very interested in this word. “Necessary” means something that is absolutely necessary, something that is definitely indispensable. In other words, there is an assumption that if you "need" something, you will definitely get it. However, even if you "need" something, you may not always be able to get it.


Therefore, "necessary" is often a concrete, familiar goal. But getting what you need is not guaranteed. However, there are definitely things on this list of "needs" that are specific to what you want. Therefore, what I think is "necessary" is a concrete desire.


The character of Takuboku Ishikawa can be seen quite clearly in the fact that he made this desire an ``ideal''. In other words, in order to achieve a big goal, you need to accomplish a number of small ``needs'', which means that you will gradually get closer to your desire. It is said that


I feel that these are words that teach us how to live life.


This phrase, which says that by accumulating ``necessities,'' gradually approaches ``ideals,'' feels very familiar to me.


I think everyone has an ``ideal,'' but many times it feels like a ``dream.'' However, in order to make this ``dream'' or ``ideal'' come true, it is possible to achieve it by steadily working on small accumulations of ``needs''. In other words, it becomes "ideal." That too, “for sure.”


Words like this move me deeply. This is because in order to be ``sure'' in your ``ideal'' form, you only need to satisfy your ``needs.''


“Need” is not a big deal. If you do what is "necessary" carefully, time will be on your side and you will naturally become "ideal." Although it is a simple word, I feel that it has a deep teaching.


It's a very down-to-earth idea, and if anyone puts this into practice, it's a word that convinces us that we can ``certainly'' achieve our ``ideal'' appearance.


These words are very encouraging.



Comments


bottom of page