top of page

生成AIいわゆるChatGPTの記事をGAFAMに判定してもらったWe had GAFAM judge the article about generated AI so-called ChatGPT.




私は、生成AIに良い印象はなかった。けれども、あえて、ChatGPTを使って記事を作成してみたのである。いわゆるYMYLの領域で書いてみたのである。

GoogleのYMYLとは何ですか?

YMYLとは何か YMYLとは、Your Money or Your Life(あなたのお金、あなたの生活)に関するコンテンツのことです。 Googleの検索品質評価ガイドラインでは、「人々の健康、経済的安定、安全、または福利に重大な影響を与える可能性がある話題」と定義されています。


この範疇に入る記事で、普通なら、詳しく書けない記事を作成してみたのである。


生成AI開発会社でもあり、検索やインターネットのことをよく知っているGAFAMが、ChatGPTで作成された記事をどう判定するか、知りたかったのである。


もちろん、私の体験談やいろんな経験を元に書いてある。混ぜて、誤魔化して使うのは、私の性分に合わないので、堂々と、引用するような感じで、いわゆる生成AIを使って、記事を作成したのです。そうすると、作成した時は、インデックスされましたが、これは、1週間も経たないうちに、インデックスから消えたのです。


今見ると、日焼け対策と洗顔という専門分野もなく、書ける記事は、インデックスされていました。この記事は、生成AIで補完した記事です。


つまり、自分の領域を超えて、他の人の意見を借りて、書いた生成AIの記事は、インデックスされませんでした。


自分の実力以上のことを書くことはできませんでした。あくまで、サポート程度であり、これを利用して、自分の領域を超える記事は、評価されませんでした。


時間を追うごとにこの記事もインデックスされないように評価されました。


私は、この実験をして、心から、霧から抜け出たような感覚に襲われ、心は、晴れやかになったのです。一見、完成度は、高く見えるであろう、記事であっても、これが、機械的作為によって、自分の領域を超える記事は、評価されないのです。


私は、自分の感じたことを自分らしく、この場を通じて、発言している。知識は、誰にでも、記憶して、語ることはできるのである。


しかしながら、自分の感じたことや知見を自分らしく、自分の言葉で語ることは、非常に重要で、これを磨くことによって、より自分を昇華させることができる。つまり、より自分を上にステップアップすることができるのです。


だから、自分を常に磨き上げるには、安易な方法を取ってしまうと、これは、年月を経ると大きな差になるのだと、今更ながら、このGAFAMの判定を受けて、私は、安堵したのである。


これからも、自分の言葉で、自分らしく、文章を書き綴ることにしました。世間では、生成AIのことで、大きな議論になっているけれども、私は、こうやって、正式に回答を得られた。


私は、故意に引用した以外のページ以外は、全部自分の言葉で書いている。これからも、コツコツと、自分磨きをしながら、文章を書いていこう。今以上に、良い記事が書けることを目指して行こう、と心に決めました。


I didn't have a good impression of the generation AI. However, I decided to create an article using ChatGPT. I tried writing in the so-called YMYL area.

What is Google's YMYL?


What is YMYL? YMYL is content related to Your Money or Your Life. Google's Search Quality Rating Guidelines define topics as "topics that may have a significant impact on people's health, economic stability, safety, or well-being."

I decided to write an article that falls into this category and would normally be difficult to write about in detail.


I wanted to know how GAFAM, which is a generative AI development company and knows a lot about search and the Internet, would judge articles created with ChatGPT.

Of course, this is written based on my personal experiences and other experiences. It's not my nature to mix things up or use them in a misleading way, so I used so-called generative AI to create the article, quoting them openly. Then, it was indexed when it was created, but it disappeared from the index within a week.


Now that I look at it, I don't have a specialty in sun protection and face washing, and the articles I could write were indexed. This article is supplemented with generative AI.

In other words, generative AI articles written outside of one's own domain and borrowing the opinions of others were not indexed.


I couldn't write anything beyond my ability. This is only for support, and articles that use this to go beyond your own area will not be evaluated.


Over time, this article was also evaluated to not be indexed.


After doing this experiment, I felt as though I had come out of a fog, and my heart became brighter. Even if an article appears to be highly complete at first glance, it will not be evaluated if it goes beyond one's own area due to mechanical manipulation.


I am expressing what I feel in my own way through this forum. Knowledge can be memorized and shared by anyone.


However, it is extremely important to express your feelings and knowledge in your own words, and by honing this ability, you can further elevate yourself. In other words, you can step up to the next level.


Therefore, I feel relieved after receiving this GAFAM judgment, knowing that if you take the easy way to constantly improve yourself, this will make a big difference over the years. That's what I did.


I have decided to continue writing in my own words and in my own way. There is a big debate in the world about generative AI, but this is how I was able to get an official answer.


I write everything in my own words, except for those pages where I have intentionally quoted. From now on, I will continue to write while steadily improving myself. I decided to aim to write even better articles than I am now.


Comments


bottom of page