top of page

東京オリンピックの段ボールベッドに込められた思い。The thoughts put into the cardboard bed of the Tokyo Olympics.

東京オリンピックが、開催されている真っ最中です。オリンピック大会は、「東京」と言う、都市から隔絶された世界だ。大きな混乱も無く、次々と選手が、喜び、時に悔しく、5年と言う歳月と共に、世界のトップアスリート競い合っている。とても、その姿は、頼もしい。

その選手達が、珍しく思い、色んなハプニングが起きた物がある。段ボールでできたベッドです。これは、恵まれ無い日本だから、できた「段ボールベッド」です。選手村にあるような、特別な物では無い。

日本には、数々の災害があります。今回のオリンピック開催がきっかけは、東日本大震災だった。これは、2011年3月11日、日本の東北地方太平洋沖地震によって、福島原子力発電所が地震によって、大きな災害を受け、大津波、火災によって多大な人命が失われ、行方不明者合わせて、22,000人。

何もかも無くした人々は、避難所で、ただ呆然としていた。心に大きな傷を負った人々も多い。何も無かった。それまで、日本は、災害のある度に、避難所に、粗末な、寝具と共に眠ることのできないことが、多かった。

だから、日本はこの「段ボールベッド」が開発されました。そうして、東日本大震災で、この「段ボールベッド」が使われました。何もかも無くした人々が、この「段ボールベッド」によって、身も心も、疲れ切った身体を避難所で、横たわって、身体を休めていました。

そう、たった1つの贅沢な家具だったのです。何も無いからこそ、生まれた「段ボールベッド」です。だから、日本は、東京オリンピックで、この福島で使われた、「段ボールベッド」を東京オリンピックの選手村で使いました。何も無い、日本だから、できた「段ボールベッド」でした。

このベッドは、多くの人々を救ってきました。毎日、ベッドで寝ることもできず、何もかも無くした人々にとって、このベッドは、本当に最高なベッドです。今、私達は、当たり前に思っていることが、そうではないことが、多くあります。

だから、「段ボールベッド」は、そんな人々の思いが込められて、いることを知って欲しい。この願いが、世界に届きますように。東京オリンピックの思い出と共に、皆さまに、語り継がれることを願います。

The Tokyo Olympics are in the middle of being held. The Olympic Games are a world isolated from the city called “Tokyo”. Without any major confusion, athletes are competing with the world’s top athletes one after another, with joy and sometimes regret, over the course of five years. The appearance is very reliable.

There are things that the players thought unusual and had various happenings. A bed made of cardboard. This is a “cardboard bed” made in Japan, which is underprivileged. It’s not something special like in the Olympic Village.

There are many disasters in Japan. The trigger for this Olympics was the Great East Japan Earthquake. This is because the Fukushima nuclear power plant suffered a major disaster due to the 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake in Japan on March 11, 2011, and a large tsunami and fire lost a great deal of lives. 22,000 people.

Those who lost everything were just stunned at the shelter. Many people have been seriously injured. There was nothing. Until then, Japan was often unable to sleep in shelters with poor bedding in the event of a disaster.

That is why Japan has developed this “cardboard bed”. Then, in the Great East Japan Earthquake, this “cardboard bed” was used. With this “cardboard bed”, people who lost everything lay their exhausted bodies in shelters and rested.

Yes, it was just one piece of luxury furniture. It is a “cardboard bed” that was born because there is nothing. Therefore, Japan used the “cardboard bed” used in Fukushima at the Tokyo Olympic Village in the Olympic Village. It was a “cardboard bed” that was made because there is nothing in Japan.

This bed has saved many people. For those who can’t sleep in bed every day and lose everything, this bed is really the best bed. There are many things we take for granted now that are not.

Therefore, I want you to know that the “cardboard bed” is filled with the thoughts of such people. May this wish reach the world. I hope that it will be handed down to everyone along with the memories of the Tokyo Olympics.


一度だけ寄付する

寄付していただきありがとうございます。寄付

 

毎月寄付する

寄付していただきありがとうございます。月単位で寄付する

 

毎年寄付する

寄付していただきありがとうございます。年単位で寄付する

コメント


bottom of page