top of page

東京オリンピックで理念「滅私奉公」が披露されるThe idea of “destructive private service” will be unveiled at the

滅私奉公こそ、戦後、世界的日本を作り上げた原点だと言うことを世界に発信できる場に、日本は今いることを自覚する、べきである。日本という国は、完璧を求める国民性がある。だから、「モノ作り」は、素晴らしい。

けれども、それは時に少しでも、「完璧で無いもの」は、非難の対象になる。だから、コロナワクチン開発も後回しになる。子宮頸がんワクチンだって、副作用の出た人々がいて、それが、訴訟沙汰になり、公的に中止され、接種できない。私は、娘にかなりの高額のお金を払って、そのワクチンを私的に接種させた。予防できる癌なのです。

日本の民主主義は、好き放題言う。だから、できないことが、たくさん出てくる。今回は、「東京オリンピック」が、その標的になっている。大多数の人々は、無言です。そこには、信頼があります。目立つのは、好きでは無い。だから、ほとんどの人は、無言です。

声高に叫んで、東京オリンピックを反対する人々は、この機会に目立ちたい人々なのです。だから、もう、そんなの無視すれば良い。これだけの準備期間があり、これだけのキャパシティのある大会が、こんな緊急事態宣言が宣言されている東京で、開催されることを決断したバッハ会長は、素晴らしいと感じる。

それで、日本で、東京オリンピック、パラリンピックが開催されるのです。もう巨額の資金が投入され、かなりの準備期間が有る。世界が、待った、世界的イベント、東京オリンピックなのです。戦後、日本は、大きく発展しました。けれども、今は、その戦後生まれの人々で、その恵まれた環境しか知らない。

「耐える」この日本の大地が、教える数々の出来事は、ほんの一部の人々だけでは無い。これは、今回、東京オリンピック、パラリンピック、を成功して、日本国民が、コロナで、ワクチンもほとんど無い状況で、頑張って開催するその姿を世界から発信できる機会なのです。

ワクチンは、ほんの恵まれた国しか、無い。だから、世界の恵まれない国々は、困っている。だから、そんな恵まれない環境でも、成功すれば、それは、色んな国々の希望の光になる。責任は、重い。誰の支援も無い。それは、苦しい。色んな意見とかあるけれども、それは、人々の不満を吐き出すには、そうなる。多分、東京オリンピックが無くても、それは、同じなのです。

だから、オリンピック、パラリンピックの関係者や、スポンサーは、堂々とすれば、良い。これは、本当に「奉仕」でするオリンピックだから。この東京オリンピック、パラリンピックを、歴史的に残り、語り継がれるイベントになることは、世界中が、願っている。そう、ワクチンも行き渡ることなく、日本国民のモラルと自制心で開催される東京オリンピック、パラリンピックなのです。

日本は、戦後、世界にモノを通して、世界に、良いモノを作り、「奉仕」して発展した。今度は、人々に希望の光を見いだすために、東京オリンピック、パラリンピックが開催される。それは、日本の他者を大切にする「思いやり」の文化、それが、ワクチンより遥かに感染を防止する。「衛生観念」を披露する場、でもある。

未知のウイルスに対して、勝つには、医療だけでは、勝てない。人々の「衛生観念」が、それを防止し、感染拡大を防ぐのです。私は、バッハ会長の決断は、素晴らしいと感じる。何故なら、世界中の選手が、東京に行く決断をしたのです。

日本は、開催国として、真摯に向き合っていく必要がある。それは、重い責任と決断がある。今こそ、日本国民は、「滅私奉公」。これこそ、日本の美学である。戦後、日本の企業が発展した精神は、ここにある。世界に、その、「奉仕」の心の素晴らしさを披露する場、なのです。

だから、東京オリンピック、パラリンピックのスポンサーは、堂々とすれば良い。世界に日本国民、日本企業の社会的理念「滅私奉公」を披露する、絶好の機会なのです。東京オリンピック、パラリンピックが、成功して終わることを、願って止まない。


一度だけ寄付する

寄付していただきありがとうございます。寄付

 

毎月寄付する

寄付していただきありがとうございます。月単位で寄付する

 

毎年寄付する

寄付していただきありがとうございます。年単位で寄付する

Komentarze


bottom of page