top of page

日本の国土から生まれた気質

日本の国土


日本は、東アジアに位置する島国です。北は北海道、南は沖縄まで、南北に約3,000kmにわたって広がる国です。総面積は、意外に広く約378,000平方キロメートルで、世界61位、アジア11位の広さです。人口は、約1億2,500万人で、世界11位の規模があります。こういう、一次情報を手にすると、いかにも広い大地で、悠々と過ごしている感じがするが、そうではないのである。日本の山地は67.5%にのぼり、農用地は、13.1%、宅地4.4%、その他の15.0%である。日本の国土は新しく、多くの火山が活動している。また、洪水、地震、地滑り、山地崩壊など、自然災害が多い。


よって、宅地は、平坦であるところであり、住むには快適ではあるが、わずか4.4%なので、その人口に占める割合から、人口密度は、大都市圏は、かなり高い。それに、日本の家屋は、小さく、また高額でもある。


日本の国土から生まれた気質


しかしながら、日本は、数千年の長い歴史と、このような変化の多い地形、地質、気候であり、宅地の狭い国土に住む、日本人は、勤勉で、機敏で、積極性、模倣性が強い。つまり、順応して、生きていくためには、勤勉で、機敏に反応し、積極的に改良し、時に模倣することにより、この気候風土の日本という、国土を生きるためには、必要なものなのです。


このような習慣を身につけた日本人は、世界稀なる、勤勉で、誠実な、国民であるのです。

これは、日本の小学校や街中で見られる「二宮金次郎」の像があります。これは、日本の実在の人物であり、1787年の身分制度の厳しい時代に、農民でお金のない家に生まれました。自分が、勉強するにも、明かりを与えられず、明るい時間は、働きながら薪を背に背負って本を開いて勉強する姿です。本を手にひたすら、自分で勉強しました。この幼少期の姿です。このように決して恵まれない環境さえ、勉強を大切にすることは、人生を変えることです。このような教えを街中や学校で見られる日本は、まさに、勤勉であることは、尊いことだと、しています。


まとめ


日本の国土は、このように、勤勉で、物事に機敏に対応し、積極的に行動し、時に模倣して、国土を保たなけれんば、生きていけない、という、事情があります。

最新記事

すべて表示

日本における少子高齢化社会をどう乗り切るべきか?

日本における少子高齢化社会をどう乗り切るべきか? 日本は、世界の中でも、少子高齢化社会が顕著に現れております。国連の報告によると、2022年時点で世界の人口の65歳以上が、10億人を超え、今後30年間でさらに20億人に達すると予想されています。特に、東アジアやヨーロッパで高齢化が著しく進展すると考えられます。 現代の若者は、娯楽が多く、医療も発展していることから、余分に、子供を持つことは、少なくな

日本における少子高齢化社会がもたらす現象と対策と課題

日本における少子高齢化社会がもたらす現象と対策と課題 日本における15歳から64歳までの生産人口は、1995年をピークに減少を続けており、2020年には7450万人で、総人口に占める割合は59.4%になっています。今後、生産年齢人口は、さらに減少していくものと推計されており、社会保障制度の維持や経済成長の停滞が懸念されています。 高齢者人口の増加により、65歳以上人口は、1970年には700万人を

日本の人口動向と日本人が長寿国であることの要因

日本の人口動向と日本人が長寿国であることの要因 日本の人口動向 2024年現在、日本の人口は、約1億2500万人と推計されており、世界12位の人口規模となっています。しかし、近年は深刻な少子高齢化の影響で人口減少が続いており、2023年には、ついに自然減に転換しました。 出生率は、2023年には、1.30と過去最低を更新し、合計特殊出生率も1.35と依然として出生ラインの2.0を大きく下回っていま

Comments


bottom of page