top of page

日本の人口動向と日本人が長寿国であることの要因

日本の人口動向と日本人が長寿国であることの要因


日本の人口動向


2024年現在、日本の人口は、約1億2500万人と推計されており、世界12位の人口規模となっています。しかし、近年は深刻な少子高齢化の影響で人口減少が続いており、2023年には、ついに自然減に転換しました。


出生率は、2023年には、1.30と過去最低を更新し、合計特殊出生率も1.35と依然として出生ラインの2.0を大きく下回っています。


高齢化率は2023年には、29.1%に達し、世界トップレベルの高齢化社会となっています。平均寿命は、男性84.3歳、女性89.1歳と世界でトップレベルの長寿国となっています。

日本人が長寿国であることの要因が複数、示唆されております。


・遺伝的要因

これは、日本人にしかない、腸内環境の細菌に「バクテロイデス・プレビウス」というものが発見されました。これは、海藻類の一種である「フコイダン」を消化を促すものです。この仮説は、イギリスの医学誌「gut」に掲載された研究結果によって裏付けされています。


この研究では、日本人と欧米人の腸内細菌を比較したところ、日本人の腸内には、「バクテロイデス・プレビウス」が多く存在することが発見されました。


さらに、この「バクテロイデス・プレビウス」から「フコイダン」を分解される酵素が発見されたのです。これらの結果から、日本人が海藻類を消化できる能力は、「バクテロイデス・プレビウス」という腸内細菌の存在に由来することが強く示唆されます。


この腸内細菌は、遺伝子によって受け継がれる可能性があります。実際、日本人には、

「バクテロイデス・プレビウス」を生み出す遺伝子を持つ人が多いという結果があります。


つまり、日本人が海藻類を消化できる能力は、遺伝的要因と腸内環境の相互作用によって形成されていると考えられます。海苔は、製造過程で細胞壁が壊れるため、加熱しなくてもある程度消化することができます。しかし、生の海苔を消化するには、「バクテロイデス・プレビウス」による酵素分解が不可欠になります。


この海藻類に含まれる「フコイダン」は、


・抗腫瘍効果

がん細胞の増殖や転移を抑制する効果を持つことが動物実験や細胞実験で示されています。そのメカニズムとしては以下のことが考えられます。

 ・免疫賦活作用 免疫細胞を活性化し、がん細胞を攻撃する能力を高める。

 ・抗血管新生作用 がん腫瘍への血液供給を抑制する。

 ・アポトーシス誘導作用 がん細胞を自死させる。


・抗炎症効果

フコイダンは、炎症を引き起こす物質の産生を抑制する効果が示されています。関節炎やリウマチなどの炎症疾患の治療に役立つ可能性が期待されています。


・抗ウイルス効果

フコイダンは、インフルエンザウイルスやHIVなどのウィルス感染を抑制する効果を持つことが示されています。


・抗血栓効果

フコイダンは、血液の凝固を抑制する効果を持つことが示されています。脳梗塞や心筋梗塞などの予防に役立つ可能性が期待されています。


・抗酸化作用

フコイダンは、活性酸素を除去する効果を持つことが示されています。老化や生活習慣病の予防に役立つ可能性が期待されています。


・その他

フコイダンは、美肌効果、肝臓保護効果、抗菌効果、抗アレルギー作用など、様々な効果が期待されています。


・医療制度も充実しております。

日本は、国民皆保険制度であり、国民は比較的安価な医療を受けることができます。また、近年では、予防医療への取り組みもされており、早期発見、早期治療による疾病重症化予防に効果を発揮しています。


・社会環境もまた、世界水準では、治安に関しては、かなりの高水準であります。

これは、日本の教育水準の高さ、つまり、識字率が高く、平均的教育が高いことが挙げられます。そうして、刑法は、非常に厳しく、死刑が存在します。このことは、殺人した者が、自殺をしようと試みても、あらゆる医療を施し、正常に生き返らせ、裁判にて、死刑を言い渡され、死刑執行日を本人に知らせることなく、ある日、突然、死刑が執行されるものです。この執行があまりに残酷だとして、裁判を試みた者がいましたが、これは、受け入れられませんでした。このように、被害者の、心を晴らすことに重点を置かれた日本の刑法は、日本の安全に、寄与しているものと思われます。


・生活習慣

日本人は、喫煙率や肥満率が比較的低く、健康的な生活環境を送っている人が多いです。特に、サイクリング、これは、狭い住環境において、非常に効率の良い、移動手段であり、駐車スペースを考えることもなく、気軽に移動できます。近年においては、電動自転車が普及し、ますます、安全性を高めるため、保険加入を強制的にして、またヘルメット着用も推進されています。また、電車の駅の駐輪スペースを有料にして、なるだけ歩いて、駅まで歩くことを推進しています。


・清潔な環境

日本の水道水は、飲料として、加熱することなく、飲むことができます。また、公害による大気汚染が過去の事例として、厳しく公害を出した事業所が莫大な損害賠償を払うことが多いので、大気汚染や環境保護に対して、企業は非常に細心の注意を払って、運営されています。


・労働環境

日本の労働環境は、長時間労働や過重労働が問題視されることもありますが、近年はワークライフバランスの推進や働き方改革の取り組みも進んでいます。これらは、女性の社会進出を進めるために、産休、育児休暇、男性の育児休暇、有給休暇の消化、など、改善が見られます。このような取り組みが奏功し、長寿国、日本を支え、70歳まで働ける社会がもう、2024年に実現している企業があり、これは、世界的に有名なトヨタ自動車株式会社であります。


・科学技術

日本の医療技術や科学技術は、世界トップレベルであり、高齢者の健康維持や寿命の延伸に貢献しています。特に再生医療やロボット工学などの分野においては、画期的な技術開発が進められております。このため、さらに、長寿国になることも予想されます。


・儒教の文化

儒教とは、目上の人を大切にする文化であり、このことが、高齢者にやさしい文化であることが、長寿国になる要因とされます。


まとめ


このような複合的に日本は、世界的に長寿国になりました。

これらの要因に加え、近年では、健康意識の高まりや予防医療への関心向上なども長寿に貢献していると考えられています。

今後、日本がさらに長寿社会を実現していくためには、これらの要因をさらに発展させ、より健康で幸福な社会を築いていくことが重要です。

最新記事

すべて表示

日本における少子高齢化社会をどう乗り切るべきか?

日本における少子高齢化社会をどう乗り切るべきか? 日本は、世界の中でも、少子高齢化社会が顕著に現れております。国連の報告によると、2022年時点で世界の人口の65歳以上が、10億人を超え、今後30年間でさらに20億人に達すると予想されています。特に、東アジアやヨーロッパで高齢化が著しく進展すると考えられます。 現代の若者は、娯楽が多く、医療も発展していることから、余分に、子供を持つことは、少なくな

日本における少子高齢化社会がもたらす現象と対策と課題

日本における少子高齢化社会がもたらす現象と対策と課題 日本における15歳から64歳までの生産人口は、1995年をピークに減少を続けており、2020年には7450万人で、総人口に占める割合は59.4%になっています。今後、生産年齢人口は、さらに減少していくものと推計されており、社会保障制度の維持や経済成長の停滞が懸念されています。 高齢者人口の増加により、65歳以上人口は、1970年には700万人を

日本の国土から生まれた気質

日本の国土 日本は、東アジアに位置する島国です。北は北海道、南は沖縄まで、南北に約3,000kmにわたって広がる国です。総面積は、意外に広く約378,000平方キロメートルで、世界61位、アジア11位の広さです。人口は、約1億2,500万人で、世界11位の規模があります。こういう、一次情報を手にすると、いかにも広い大地で、悠々と過ごしている感じがするが、そうではないのである。日本の山地は67.5%

Commentaires


bottom of page