top of page

日本に「コロナ離婚」は、多分、流行らない。”Corona divorce” is probably not popular in Japan.

「コロナ離婚」という「言葉」があります。

これは、世界中の出来事らしい。長時間、狭い空間で、閉じ込められいると、いう事が、どうやら、原因らしい。


ここで、話を進めてみたい、と思います。


日本にきた、外国人はびっくりするらしい。

外国の普通の感覚なら、親子でも、手を繋いで、ハグをする。


この行動は、お互いに、愛情を確かめ合う、ことで、とても有効だそうです。


こんなに、情熱的な感情が、どうしてこのように、長く時間を共有すると「砕けてしまう」のだろう。


もしかしたら、これは、そうしなければ、続かない「脆さ」が、あるのでは、ないか、と思ってしまう。


確かめ合う、事が、必要な、愛情、で、それは、とても、「儚い」(ハカナイ)のかも、しれない。


日本で、「コロナ離婚」は、私の予想ですが、多分、社会問題、になるほど、起こらない、と思います。

海外からは、「我慢しないで」というメッセージが記事に書いてあった。これは、とても面白い、メッセージ、だと思いました。


何故なら、私の、予想とは、全くの、正反対、だから。

高齢の妙齢(ミョウレイ)の方の「言葉」です。


「きらい。嫌い。と思っていた相手が、亡くなったら、とても寂しい。」これは、とても興味ある、「言葉」です。


日本も海外と同じで、結婚して、しばらくは、「脆い」関係、です。

ですが、それを乗り越えると、付かず、離れず、の関係、であまり、相手に干渉しない。だから、居心地、が良いのだと思います。


つまりは、「脆い」の後には、無関心、遠慮も無い、だから、お互い「楽、ラク」な、関係、です。


ある作家の言葉に、「結婚は、最初と、最期で、真ん中は、無い。」とか、言っておられました。


ですから、有名な方が、恐妻家だとか、離婚すれば良いのに、とか、思う人も、多い、です。


結局のところ、これは、本人たちしか、分からない、夫婦の話、とか日本では、言われます。


だから、金銭で、夫婦関係の上下は、決まりません。

不思議な、日本の関係は、単純では、ありません。


多くを語ることの無い、日本人ですし、色んな夫婦があります、から、多くの「謎、ナゾ」があります。


今回は、日本の夫婦、の事情を書いてみました。


There is a “word” called “Corona divorce”.


This seems to be an event around the world.

Apparently, being trapped in a narrow space for a long time seems to be the cause.

Here, I would like to proceed.


Foreigners who came to Japan seem to be surprised.

Parents and children hold hands and hug with normal foreign sensations.


This action seems to be very effective because they confirm each other’s affection.


Why are these passionate emotions “broken” when sharing such a long time like this?


Perhaps this wonders if there is “fragility” that would otherwise not last.


It is necessary to confirm, it is necessary, affection, and it may be very “transient” (hakanai).


In Japan, “Corona divorce” is my expectation, but I think it will not happen as much as social problems.

From abroad, the message “Don’t be patient” was written in the article.


I thought this was a very interesting message.


Because my expectation is completely opposite.


It is a “word” of the old age. “I hate it. I hate it. I’m very lonely if the person I thought died.” This is a very interesting “word”.


Japan is the same as overseas, married, for a while, “fragile” relationship.


However, if you get over it, you won’t stick to it, and you won’t get away from it.

Therefore, I think that comfort is good.


In other words, after “fragile”, there is no indifference and carelessness, so it is a “easy” relationship with each other.


One writer said, “Marriage is first, last, and there is no middle.”


Therefore, there are many people who think that famous people should be divorced or divorced.


After all, this is said in a couple’s story or in Japan, where only the people themselves know.


Therefore, money does not determine the marital relationship.


Strange, Japan’s relationship is not simple.


There is a lot of “mystery, nazo” because there are many couples who are Japanese who do not talk much.


This time, I wrote about the situation of a Japanese couple.



最新記事

すべて表示

日本における少子高齢化社会をどう乗り切るべきか?

日本における少子高齢化社会をどう乗り切るべきか? 日本は、世界の中でも、少子高齢化社会が顕著に現れております。国連の報告によると、2022年時点で世界の人口の65歳以上が、10億人を超え、今後30年間でさらに20億人に達すると予想されています。特に、東アジアやヨーロッパで高齢化が著しく進展すると考えられます。 現代の若者は、娯楽が多く、医療も発展していることから、余分に、子供を持つことは、少なくな

日本における少子高齢化社会がもたらす現象と対策と課題

日本における少子高齢化社会がもたらす現象と対策と課題 日本における15歳から64歳までの生産人口は、1995年をピークに減少を続けており、2020年には7450万人で、総人口に占める割合は59.4%になっています。今後、生産年齢人口は、さらに減少していくものと推計されており、社会保障制度の維持や経済成長の停滞が懸念されています。 高齢者人口の増加により、65歳以上人口は、1970年には700万人を

日本の人口動向と日本人が長寿国であることの要因

日本の人口動向と日本人が長寿国であることの要因 日本の人口動向 2024年現在、日本の人口は、約1億2500万人と推計されており、世界12位の人口規模となっています。しかし、近年は深刻な少子高齢化の影響で人口減少が続いており、2023年には、ついに自然減に転換しました。 出生率は、2023年には、1.30と過去最低を更新し、合計特殊出生率も1.35と依然として出生ラインの2.0を大きく下回っていま

Commentaires


bottom of page