top of page

実験レポート、ユニクロの機能性素材「AIRism」エアリズムの素晴らしさ。Experiment report, UNIQLO’s functional material “AI

今回は、世界の中でもとても過ごしにくい夏、高温多湿の日本から生まれた株式会社ユニクロの機能性素材、エアリズムのご紹介です。春夏のトップスの下に「重ね着」をすることによって、衣類1枚でいる時よりも、より快適に過ごせる、コンセプトの機能性素材です。それは、毎年改良され、進化し続けています。


先ず、women の素材の特徴。高級衣料の裏地に使われているキュプラ。これは、日本ならではの素材でそれを元に作られています。この繊維は、「呼吸する繊維」とも言われ、繊維自体が、吸湿性を持ち、接触冷感と言って、冷たく感じる機能があります。だから、汗に負けない。供給、旭化成株式会社。

men素材。髪の毛の太さの1/12の超極細繊維のマイクロ繊維を束ねて、編んでいます。日本国内で難易度の高い、機械操作で、作られており、究極のレベルまできていますが、更なる向上を目指しています。供給、東レ株式会社。

では、実際に実験した結果を検証して、「エアリズム」の素晴らしいその素材をレポートします。


まずは、吸湿、放湿。蒸気を吸収するから汗をかいても、快適。これは、実験レポートでは、水蒸気の入った空間に入れると直ぐに、吸湿し、その水蒸気は、「ポリエステル」素材は、そのまま、蒸気は存在しますが、この「エアリズム」は、あっけなく、蒸気を吸い、その空間には、蒸気は存在しません。だから、蒸れません。このように実験で実証されています。だから、湿気や熱気を放出する通気性が、約束されています。

次に、ドライ。「毛細管現象」つまり、水分を吸い上げるから、急速に水分を拡散し、速乾性に優れています。実験レポートでは、「綿」との機能を比較しています。同じように水分を霧状にして吹き付け、風に当てます。そうすると、「綿」素材は、未だ、乾いていません。一方、「エアリズム」は、いったん、広がりそのまま、風によって早く乾きます。時間おおよそ10分。これが、気持ち良く、いつも、ドライで居れる秘密です。このように実験で実証されています。だから、接触冷感。涼しい着心地も約束されています。

そして、消臭。この繊維には、アンモニアや酢酸、ノネナール、イソ吉草酸といった匂いの元を吸着、中和する機能があります。それによって、消臭します。実験レポートでは、「綿」との比較です。実際にピンク色に染めた「アンモニア水」をかけました。そうして、絞ってみると、「綿」素材は、ピンク色に染まっていますが、「エアリズム」は、中和され、白くなりました。このように、実際、実験で、その消臭効果は、実証されています。だから、抗菌、防臭。臭いの元になる雑菌の繁殖を抑えます。その効果を実証した抗菌、防臭性能です。臭いの元になる雑菌の繁殖を抑え、皆さまを快適に過ごせるように致します。


最後に、風合い。長くて細い、「マイクロファイバー」が、シルクを上回る肌触りを実現。「綿」「シルク」と「エアリズム」の比較実験です。その上に砂を置き、斜めにします。他の素材は、大きく砂が、残っています。それは、最も大きく残ったのは、「綿」で、次に「シルク」です。そして、「エアリズム」は、最も残留した砂は少ないです。この違いは、繊維を拡大して見れば、良く分かります。長いマイクロファイバーは、繊維の乱れがありません。短い繊維は、表面に細かく飛び出して、ごわつき、が有ります。これは、「綿」素材で、顕著です。「シルク」よりも、繊維の編み方が、細かいのです。だから、肌触りが、最高な素材です。これも、実験によって、検証されています。繊維の並びの美しさ、は、素材の良さを引き出します。そうして、この素材は、ストレッチにも、こだわりがあります。とことん、素材にこだわります。だからフイットする伸縮素材でありながら、風合いも滑らかです。


商品によっては、UVカットタイプの素材もあります。

women インナーには、えりが、大きく開いたVネックや、ノースリーブタイプ等の幅広いラインナップ。この高機能素材は、インナーを始め、ウエア、マスクまで、幅広く商品があります。ユニクロは、機能性、耐久性を常に追求します。そして、環境に配慮して、パッケージを改良したり、製造ロスを減らす為に色んなことをして、持続可能な社会を追求しています。

この記事は、株式会社ユニクロのホームページと実験YouTubeを参考に作成されました。


This time, we would like to introduce UNIQLO Co., Ltd.'s functional material AIRism, which was born in Japan, which has one of the most difficult summers in the world, hot and humid. This is a functional material based on the concept that by layering it under spring/summer tops, you can feel more comfortable than wearing just one piece of clothing. It continues to improve and evolve every year.


First, the characteristics of the women's material. Cupro is used as the lining for high-end clothing. This is made from materials unique to Japan. These fibers are also called ``breathing fibers,'' and the fibers themselves are hygroscopic and have the ability to feel cool to the touch. That's why you don't lose to sweat. Supplied by Asahi Kasei Corporation.

Men material. It is made by bundling and weaving ultra-fine microfibers that are 1/12 the thickness of a human hair. It is made in Japan using highly difficult mechanical operations, and although it has reached the ultimate level, we are aiming for further improvements. Supplied by Toray Industries, Inc.

Now, we will examine the results of actual experiments and report on the wonderful material of AIRism.


First of all, moisture absorption and moisture release. It absorbs steam, so it's comfortable even when you sweat. According to the experimental report, when placed in a space containing water vapor, it immediately absorbs moisture, and the water vapor is present in the polyester material as it is, but this ``AIRism'' easily absorbs the vapor. , no steam exists in that space. So it doesn't get steamy. This has been experimentally proven. Therefore, breathability that releases moisture and hot air is guaranteed.

Next, dry. Because it absorbs moisture through capillary action, it quickly diffuses moisture and dries quickly. In the experiment report, we compare the functions with "cotton". In the same way, spray the moisture in a mist and expose it to the wind.

Then, the "cotton" material is still not dry. On the other hand, once AIRism spreads, it dries quickly due to the wind. Approximate time: 10 minutes. This is the secret to feeling comfortable and always staying dry. This has been experimentally proven. Therefore, it feels cold to the touch. It also guarantees a cool feel.

And deodorizing. This fiber has the ability to adsorb and neutralize odor sources such as ammonia, acetic acid, nonenal, and isovaleric acid. This deodorizes. In the experiment report, it is a comparison with "cotton". I poured ammonia water on it that actually dyed it pink. Then, when squeezed, the ``cotton'' material was dyed pink, but the ``AIRism'' material was neutralized and turned white. In this way, its deodorizing effect has actually been proven in experiments. Therefore, it is antibacterial and deodorizing. Prevents the growth of odor-causing bacteria. It has proven antibacterial and deodorizing properties. We will suppress the growth of odor-causing bacteria and make your stay more comfortable.


Finally, the texture. Long and thin "microfiber" has a texture that surpasses silk. This is a comparison experiment between "cotton", "silk" and "AIRism". Place sand on top and make it diagonal. Other materials are largely sandy, but remain. The most important one was ``cotton,'' followed by ``silk.'' And "AIRism" has the least amount of residual sand. This difference can be clearly seen by enlarging the fibers. Long microfibers do not disturb the fibers. The short fibers stick out finely on the surface, making it stiff. This is noticeable with "cotton" materials. The weave of the fibers is finer than that of silk. Therefore, it is a material that feels the best on the skin. This has also been verified through experiments. The beauty of the arrangement of fibers brings out the quality of the material. This material is also particular about its stretch. We are particular about the materials we use. Therefore, it is a stretchy material that fits well, yet has a smooth texture.


Depending on the product, there are also UV protection materials.

For women, we have a wide range of innerwear, including wide-open V-necks and sleeveless types. This highly functional material is available in a wide range of products, including innerwear, clothing, and masks. UNIQLO always pursues functionality and durability. In addition, we are pursuing a sustainable society by improving our packaging and doing various things to reduce manufacturing loss in consideration of the environment.


This article was created with reference to UNIQLO Co., Ltd.'s homepage and experimental YouTube.

Comentarios


bottom of page