top of page

夏目漱石の言葉Natsume Soseki’s words

自然を翻訳するとみんな人間に化てしまうから面白い。崇高だとか、偉大だとか、雄大だとか、みんな人格上の言葉になる。人格上の言葉に出来ない輩(もの)には、自然が毫(こう)も人格上の感化を与えていない。 夏目漱石

自然を表現すると、人間になってしまう。だから、面白い。人柄が、とても素晴らしい形容詞(状態)になる。人間以上で無いものは、人間のように表現できない。

自然は、人間に感銘を与えているのでしょう。だから、事象としてではなく、人間と同じように捉えられ、それは、素晴らしいのものとして、表現されることが、多い。ただし、同じ自然でも、優れた事象では無い自然は、人間としての形容詞(状態)は、使われない。

結論

この事に気付いた夏目漱石の感性は、文章を扱う仕事をしていた夏目漱石は、鋭い。文学とは、多様な言葉を選びながら、作っていく作品です。そんなことを日常生活にしていると、このような発見が、あったのでしょう。才能とは、卓越した能力を必要とするのが、よく分かる文章ですね。

Transration

When you express nature, you become a human being. So it’s interesting. Personality becomes a very nice adjective (state). Anything that is not more than a human cannot be expressed like a human.

Nature may have impressed humans. So it is often perceived as a human being, not as an event, and it is often described as wonderful. However, human adjectives (states) are not used in nature, which is not an excellent event even if it is the same nature.

Conclusion

Natsume Soseki, who noticed this, has a keen sensitivity to Natsume Soseki, who was working on writing. Literature is a work that you create while choosing various words. I think I made such a discovery when I was doing such things in my daily life. It’s easy to understand that talent requires outstanding ability.

Comments


bottom of page