top of page

[節約方法]デパートの弁当で料理を勉強[How to save money] Learn how to cook with department store bento boxes

私は、デパート弁当を買って料理を勉強して節約方法を学んでいます。

この方法を伝授します。

貯蓄と時間を自分で、工夫して、お金を掛けずに、料理趣味にする、と良い、です。


身近な、料理、でも良いです。そうすれば、「外食」するより、「家で食べたく」なります。

それで、節約、できます。


私の節約方法は、料理の勉強をお弁当料理をデパートですることです。

私は、夕方に、デパートの「お弁当」を、時々、買いに行きます。

そこには、とても、お高くて、行けない「料亭」の「お弁当」があります。

それを買って、料理の「勉強」をします。


ついでに、サラダのお店を「見学」します。

そこには、「旬の野菜」で、料理された、色んな「サラダ」があります。

これを、参考にして、色んな「サラダ」を料理します。

ですから、デパートは、勉強、に行きます。

冬にサラダなんてできないと思うのが普通ですが、色んなバリエーションがあって、すごく勉強になります。

もちろん、旬の野菜を使っているので、材料もお安いです。


そんなに、お金、はありませんので、外出した帰りに、デパート、に行くと、夜遅く、なら、お安く、なっています。


そんな、「お弁当」もよく、買っています。

ですから、これは、「料理」の「勉強」にもなるし、「お弁当」を食べるのも、楽しい、です。


こうやっていると、「お家」で、いることが、楽しく、なります。

洋服も、少しづつ、で良いので、リフォームができるようになれば、なお、良いです。

男性も、良いと思います。


そうすれば、たくさん洋服を「買う」のでは、無く、本当に「良い」ものを「少し」「買う」だけ、で、よくなります。


そうすれば、「もの」は、良いものに、囲まれています。

自然と、「お金」が、たまり、そして、多くの「貯蓄」で、「マイホーム」や「投資」ができる、ようになります。


こうやって、ただ、「多く」消費するのでは無く、本当に、良いもの、を「手にする」ことができます。


このように、自分の生活スタイル、を変える、チャンス、です。

体型が変わって、着れない「洋服」もリメイクで、変身します。

そんな、アイデア、を考えながら、トライしてみてください。

「時間」は、戻ってきません。


資本主義とは、残酷だから、自己防衛しましょう。

この「供給」と「需要」の関係が、「価格」を決めるのが、「資本主義」の「原理」です。

「資本論」の経済学者の、カール.マルクス氏のお墓は、ロンドンにあります。

この、お墓、が、度々、いたずら、されます。

このことからも、厳しい「資本主義」に対して、とても辛い、人が、いるのが、わかります。


本当に、必要なもの、「だけ」を選ぶ「選択する能力」を身に付ける、トレーニング、ができます。


ですから、そのひとつ、ひとつのステップを踏めば、工夫して、暮らす、ようになります。


だから、こそ、今しかできない、新しい、ことに、チャレンジしてみてください。

お互いに、頑張りましょう!


日本 英語で作る和食ー寿司、天ぷら、豆腐料理 本 Japanese Japanese food made in English-sushi, tempura, tofu dish book


I buy bento lunches from department stores and study how to cook them to learn how to save money.


I will teach you this method.


It is good to save and spend time on your own, and make cooking a hobby without spending money.


It is good even if it is cooking something familiar. That way, you will want to eat at home rather than eating out.


This will allow you to save money.


My way of saving money is to study cooking bento lunches at department stores.


I sometimes go to buy bento lunches from department stores in the evening.


There are very expensive bento lunches from Japanese restaurants that I can't go to.


I buy them and study how to cook them.


I also "visit" a salad shop.


There are various "salads" made with "seasonal vegetables".


I use this as a reference to cook various "salads".


So I go to department stores to study.


It's normal to think that you can't make a salad in the winter, but there are many variations and it's very educational.


Of course, since I use seasonal vegetables, the ingredients are cheap.


I don't have that much money, so if I go to a department store on my way home from going out, it's cheaper if it's late at night.


I often buy "bento" like that.


So this is a way to "study" cooking, and eating "bento" is also fun.


Doing this makes being "at home" more fun.


It's even better if you can remodel your clothes, even if it's just a little at a time.


I think it's good for men too.


That way, instead of "buying" a lot of clothes, you can just "buy" a few really "good" things and you'll be better.


That way, you'll be surrounded by good things.


Money will naturally accumulate, and with a lot of savings, you will be able to buy your own home and make investments.


This way, you will not just consume a lot, but you will be able to get really good things.


This is a chance to change your lifestyle.


You can also remake clothes that you can no longer wear because your body shape has changed.


Try thinking of ideas like this.


Time does not come back.


Capitalism is cruel, so protect yourself.


The relationship between supply and demand determines prices, which is the principle of capitalism.


The grave of Karl Marx, the economist behind Das Kapital, is in London.


This grave is often vandalized.


This shows that there are people who are very upset by the harshness of capitalism.


You can train yourself to acquire the "ability to choose" to choose "only" what you truly need.


So, by taking each step, you will be able to live creatively.


That's why you should try new things that you can only do now.


Let's do our best together!

最新記事

すべて表示

日本における少子高齢化社会をどう乗り切るべきか?

日本における少子高齢化社会をどう乗り切るべきか? 日本は、世界の中でも、少子高齢化社会が顕著に現れております。国連の報告によると、2022年時点で世界の人口の65歳以上が、10億人を超え、今後30年間でさらに20億人に達すると予想されています。特に、東アジアやヨーロッパで高齢化が著しく進展すると考えられます。 現代の若者は、娯楽が多く、医療も発展していることから、余分に、子供を持つことは、少なくな

日本における少子高齢化社会がもたらす現象と対策と課題

日本における少子高齢化社会がもたらす現象と対策と課題 日本における15歳から64歳までの生産人口は、1995年をピークに減少を続けており、2020年には7450万人で、総人口に占める割合は59.4%になっています。今後、生産年齢人口は、さらに減少していくものと推計されており、社会保障制度の維持や経済成長の停滞が懸念されています。 高齢者人口の増加により、65歳以上人口は、1970年には700万人を

日本の人口動向と日本人が長寿国であることの要因

日本の人口動向と日本人が長寿国であることの要因 日本の人口動向 2024年現在、日本の人口は、約1億2500万人と推計されており、世界12位の人口規模となっています。しかし、近年は深刻な少子高齢化の影響で人口減少が続いており、2023年には、ついに自然減に転換しました。 出生率は、2023年には、1.30と過去最低を更新し、合計特殊出生率も1.35と依然として出生ラインの2.0を大きく下回っていま

Comments


bottom of page