top of page

令和6年能登半島地震と日本航空516便衝突炎上事件に思う「絆(キズナ)」Thoughts on “Kizuna” after the 2020 Noto Peninsula Earthquake and Japan Airlines Flight 516 collision and fire incident

日本は、地震が多い国です。だから、建物を建てるときに、耐震性が重要で、かなり改善されています。でも、やはり、古い家屋も多いので、耐震性がない建物も多い。これは、マンションにおいても、旧耐震基準のものもある。

けれども、耐震性が古くても、マンションは、たくさんの住人がおり、一般的に住宅とともに、住人も高齢化するので、マンションの建て替えも、なかなか進みません。これは、社会問題にもなっています。だから、こういう地震があると、古い家屋がまず、壊れてしまいます。

そうやって、日本の住宅事情は、新しいものが好まれます。私の義父が亡くなりましたが、かなり頑丈に建てられた建物でしたが、度々ある、地震による影響で、家は傾いていました。外見には、わからないのですが、内部は、崩れていました。

そうして、隣の家に影響があると困るので、取り壊しを急いでしました。このように、一見、ちゃんとしていても、内部的に日本の家屋は、地震によって、影響があるものも、多いです。

今回の地震は、その地震が2024年1月1日という、非常にみんなが喜びを感じているときに、起こり、日本の国民感情は、非常に悲しさに包まれました。日本国民の代表の天皇陛下は、今年の国民に対する、毎年恒例になっている、年始のご挨拶を中止されました。そうして、首相官邸は、緊張感に包まれて、元日から、岸田首相は、作業服で、国民にメッセージを送りました。

その後に、航空機事故が起こるのですが、衝突したのが、海上保安庁の震災支援に出る航空機で、あることが判明しました。支援に出かけ、使命を果たそうとして、5名が亡くなられ、1名は、生存しているとのことですが、おそらく、かなりの重傷であり、その上に、他の隊員が誰も生存しなかったことを知ったとき、生存者の機長は、相当、心労すると思うのです。

そう考えるとき、私は、過去の震災の時、いつも、メッセージのように、テレビから、「絆(キズナ)」って発せられた言葉を思い出します。こういう時、私は、テレビを見て、心から、感謝する。

つながりがないようで、いろんな人に助けられて、今がある、って感じる。だから、「絆」。

人は、一人のようで、そうではない。誰かが、いつも陰ながら助けてくれる。今回は、その陰ながら助けてくれる人が犠牲になった。そうして、みんな助け合っている。

「絆」って言葉を教えてくれたのは、テレビでした。日本人なら、多分心の片隅に、この言葉を持っていると思う。いろんな天災が多いので、この頃は、保険会社も保険料が値上げされている。こんな日本の大地で暮らす私たちは、互いに助け合って、「絆」を感じながら、生きている。

悲しいことから始まった2024年だけれども、「絆」を確かめ合いながら、生きていることを改めて感じたお正月でした。

被災された方、事故で亡くなられた方、世界でいろんな苦しみで生きておられる方、「絆」がある。だから、前を向いて少しだけでいいから、ちょっとを積み重ねると、いいことがきっとある。

「絆」。つながることが、素晴らしいことなんです。忘れないでね。「絆」。



Japan is a country that experiences many earthquakes. So when building buildings, earthquake resistance is important and has improved considerably. However, since many of the houses are old, many of them are not earthquake resistant. This also applies to the old earthquake resistance standards for condominiums.

However, even if the earthquake resistance is old, condominiums have a large number of residents, and the residents generally age along with the housing, so it is difficult to rebuild the condominiums. This has also become a social issue. Therefore, when such an earthquake occurs, old houses are the first to be destroyed.

In this way, Japan's housing situation favors new things. The house my father-in-law passed away in was a fairly sturdy building, but due to frequent earthquakes, the house was leaning. I couldn't tell from the outside, but the inside was falling apart.

Then, because we were worried about the damage to the house next door, we hurriedly demolished it. As you can see, many Japanese houses, even if they look normal at first glance, are internally affected by earthquakes.

This earthquake occurred on January 1, 2024, at a time when everyone was feeling very happy, and the Japanese people were filled with sadness. His Majesty the Emperor, the representative of the Japanese people, has canceled his annual New Year's greetings to the people this year. The Prime Minister's Office was filled with a sense of tension, and from New Year's Day, Prime Minister Kishida sent a message to the people in his work uniform.

After that, a plane crash occurred, and it turned out that the plane that had collided with the plane was a Japan Coast Guard plane flying for disaster relief. Five people died while trying to fulfill their mission while providing assistance, and one person is said to be alive, but his injuries were probably quite serious, and on top of that, none of the other members survived. I think the surviving captain will be very worried when he finds out that he didn't.

When I think about this, I remember the words "kizuna" that were always uttered on TV during past earthquakes, like a message. At times like this, when I watch TV, I am truly grateful.

I feel like I don't have any connections, but thanks to the help of so many people, I am where I am today. Hence, "bonds".

People seem to be alone, but they are not. Someone is always helping out behind the scenes. This time, the person who was helping behind the scenes became the victim. That's how everyone helps each other.

It was on TV that I learned the word "bonds." If you are Japanese, you probably have this word in the back of your mind. Since there are many natural disasters, insurance companies are raising their premiums these days. We, who live in this land of Japan, help each other and live with a sense of ``bonds.''

Although the year 2024 started with sadness, it was a New Year's holiday that reminded us that we are still alive as we confirmed our "bonds" with each other.

There is a bond between those who have been affected by disasters, those who have died in accidents, and those who are living with various kinds of suffering around the world. So, if you look forward and put in a little effort, even if it's just a little bit, something good will happen.

"bond". It's great to be connected. Do not forget. "bond".

最新記事

すべて表示

日本における少子高齢化社会をどう乗り切るべきか?

日本における少子高齢化社会をどう乗り切るべきか? 日本は、世界の中でも、少子高齢化社会が顕著に現れております。国連の報告によると、2022年時点で世界の人口の65歳以上が、10億人を超え、今後30年間でさらに20億人に達すると予想されています。特に、東アジアやヨーロッパで高齢化が著しく進展すると考えられます。 現代の若者は、娯楽が多く、医療も発展していることから、余分に、子供を持つことは、少なくな

日本における少子高齢化社会がもたらす現象と対策と課題

日本における少子高齢化社会がもたらす現象と対策と課題 日本における15歳から64歳までの生産人口は、1995年をピークに減少を続けており、2020年には7450万人で、総人口に占める割合は59.4%になっています。今後、生産年齢人口は、さらに減少していくものと推計されており、社会保障制度の維持や経済成長の停滞が懸念されています。 高齢者人口の増加により、65歳以上人口は、1970年には700万人を

日本の人口動向と日本人が長寿国であることの要因

日本の人口動向と日本人が長寿国であることの要因 日本の人口動向 2024年現在、日本の人口は、約1億2500万人と推計されており、世界12位の人口規模となっています。しかし、近年は深刻な少子高齢化の影響で人口減少が続いており、2023年には、ついに自然減に転換しました。 出生率は、2023年には、1.30と過去最低を更新し、合計特殊出生率も1.35と依然として出生ラインの2.0を大きく下回っていま

留言


bottom of page