top of page

京都観光|体力と根性が試される観光地Kyoto tourism | Tourist destinations that test your physical strength and courage

私は、この頃京都観光に行っています。もちろん、日帰りである。京都旅行なんて多分、破格に高額だと思うので、近隣に住んでいる私は、京都に行くことは、多い。

コロナで誰もいない時は、良かった。街並みが本当にきれいで、整然としていて、空気もピンとしたハリ感があった。寺の外回りに良質な近隣の和菓子屋が、出店を出して、販売していたのです。

多分、需要が減って、困っていたのだろうが、私には、とても嬉しいことでした。クルマで、移動して、楽に移動でき、それは、とても快適で、良かったものです。

今や、もう、京都の街中は、人混みで大変です。

移動も、電車、バスになった。以前は、京都市バスの1日乗車券があった。でも、あまりにも、利用者が多すぎて、廃止されました。そうして、京都市は、地下鉄を使うことを勧めている。

秋は、やはり京都は、美しいです。もみじのライトアップがある。ここ数日、京都に訪れるけれども、人が多すぎて、食事難民になります。地元の方と話す機会があった。その女性は、京都嵯峨野の奥の方に、ちょっとしたカフェを手伝っているそうだった。けれども、人が多すぎて、閉店していて、仕事がないので暇だと言う。そんな贅沢な悩みがあるのかって、驚いた。

そう、みんな、店先で、立ち食いとか、している。私は、そんなことはしない。ちょっと足を運んで、遠いレストランに行ったり、デパートで、美味しいお弁当を買って、外で、ベンチで食べたりする。

先日、清水寺の夜間のもみじのライトアップに行ったけれども、人混みがすごくて、驚いた。人が何十にも重なって、もう、押し合いながら、前にいくのですが、スキマが全くない。でも、ここは、ルールで、先頭の人が、最前列に行って、写真を撮ると、自ら、ちゃんと、声掛けして、後ろに行く。ちゃんとルールを守って、いる。だから、大声で叫ぶ人もいない。けれども、これは、非常に疲れた。せっかく行ったのだから、良いショットを撮りたいのは、誰も同じである。

けれども、時間がかかるので、観光旅行で、色んなところに行きたい人は、ここは、スールするようで、道の整備している人にどこの夜景が綺麗か、聞いていました。多分、清水寺のライトアップを見れなかったのだろう。

その人は、外国人である。この季節に京都に来て、高い旅行代金だと思うのですが、これは、仕方ない。

清水寺に行くのに、市バスも何本か、乗れなかった。もう、整然とは、言えない。けれども、京都の街は、やはり素敵だと思う。京都旅行は、体力と根性が試される観光地になった。けれども、私は、これからも、京都に通うでしょう。

今回は、根性で撮った写真をupしました。なかなか、撮れない写真なので、楽しんでくださいね。

著作権©️がありますので、ここのところは、ご了承くださいね。


Sorry! This product is not available for purchase at this time.

Comments


bottom of page