top of page

世界初自動運転のできるLEGENDThe world's first autonomous driving LEGEND.


世界初の自動運転のできる自動車が、日本のホンダ技研工業株式会社から発売されます。自動運転は、レベル3-5までがあります。そのレベル3が発売されます。

スペックは、タイプ LEGEND,Hybrid EX,Honda SENSING Elite.

乗車定員5人,

エンジンV6 3.5L 直噴 i-VTEC エンジン,

駆動式 SPORT HYBRID SH-AWD,

価格 11,000,000円(消費税10%込み,リース専用,100台販売)。

スーパーコンピュータで、1000万通りシュミレーションされ、実際に130万Km走行、されたものです。開発メンバーは、「皆さまに喜んでいただきたい。お役に立ちたい。」との思いが込められています。たった一つの部品が壊れても、安全性は、保たれるように、センサーカメラは、フロントセンサーカメラに2台、ライダーセンサーカメラ5台、レーダーセンサーカメラ5台、が装備されています。

日本では、法律改正が2018年により着手され、自動車運転の自動車が道路交通法で、公道にて走行できるようになりました。又、運転車両法にて、安全基準を定めた法改正されました。この自動車は、アラームが、車載の画面に搭載されてある画面に表示されるので、車載の画面で、動画を見て楽しみながら、安心して運転できる。

又、ハンドルやシートベルトがそれを知らせてくれるサポートがあります。長いトンネルや、気象条件によっては、位置情報が、把握できないので、少し不利になります。とにかく、退屈な運転になる渋滞時に、運転を自動車に任せて、リラックスできるのです。これは、頼もしい。

速度は、30Km/hで、オンになり、50Km/hで、オフになる。それは、自動車が、教えてくれます。

この記事は、Honda SENSING Elite搭載 新型 LEGEND オンライン発表会を参考に作成されました。

最新記事

すべて表示

日本における少子高齢化社会をどう乗り切るべきか?

日本における少子高齢化社会をどう乗り切るべきか? 日本は、世界の中でも、少子高齢化社会が顕著に現れております。国連の報告によると、2022年時点で世界の人口の65歳以上が、10億人を超え、今後30年間でさらに20億人に達すると予想されています。特に、東アジアやヨーロッパで高齢化が著しく進展すると考えられます。 現代の若者は、娯楽が多く、医療も発展していることから、余分に、子供を持つことは、少なくな

日本における少子高齢化社会がもたらす現象と対策と課題

日本における少子高齢化社会がもたらす現象と対策と課題 日本における15歳から64歳までの生産人口は、1995年をピークに減少を続けており、2020年には7450万人で、総人口に占める割合は59.4%になっています。今後、生産年齢人口は、さらに減少していくものと推計されており、社会保障制度の維持や経済成長の停滞が懸念されています。 高齢者人口の増加により、65歳以上人口は、1970年には700万人を

日本の人口動向と日本人が長寿国であることの要因

日本の人口動向と日本人が長寿国であることの要因 日本の人口動向 2024年現在、日本の人口は、約1億2500万人と推計されており、世界12位の人口規模となっています。しかし、近年は深刻な少子高齢化の影響で人口減少が続いており、2023年には、ついに自然減に転換しました。 出生率は、2023年には、1.30と過去最低を更新し、合計特殊出生率も1.35と依然として出生ラインの2.0を大きく下回っていま

Comments


bottom of page