top of page

世界中から支持されるユニクロの企業運営とその力UNIQLO’s corporate management and strength are supported by people all

私は、最近ユニクロである商品を購入しました。そうして、購入した商品をまず、着用前に洗濯してみたのである。洗濯時間は、約30分、水の中で、ぐるぐると回され、脱水も、2回ほどしたのです。そうして、乾燥したのであるが、その結果が、この写真である。

なんと、タグは、綺麗になって残っている。バーコードも読める状態である。洗濯したとは、思えない状態です。おまけに、付いていたボタンのビニール袋には、水滴が1滴も入っていない。ここまで、徹底的に、品質管理をしているとは、とても驚いたのである。

確かに、商品は、品質管理が大事であるが、その販売されている、商品タグまで、このように厳重に品質管理されているなんて、思わなかったのである。

このことを家族に話すと、これは、紙ではないかもしない、っていう。確かにそうかもしれない。

日本の選挙には、使われている投票用紙は、純粋な紙ではないのである。水に濡れても大丈夫なように、特殊な薄い紙のようなものであり、選挙のときは、投票する際に、個人情報が、もれないように、あらかじめ、折線がついていて、折りたたんで、投票する。そうして、投票箱に入ると、自然に開くようになる素材が使われている。すなわち、これは、開票時間を早めるために、考案されているのである。

話は戻るけれども、ここまで、こだわりがある、ユニクロは、おそらく、私たちの気づかないところまで、製品にこだわりがあると、思うのである。ヒートテックという、下着も、年々進化しているようで、何かで、知ったのであるが、タグに製造年代が、わかるようになっているらしい。

だから、きっと、かなり詳細にこだわりがある。ユニクロ製品は、ブランドとしては、売らない。だから、表面にユニクロなんて表示させない。あくまで、品質で、勝負している。ここまで来れば、商標を前面に出して、高価格帯の商品を売るのが普通である。通常、アパレルでは、ブランド商品が高く売れるのですが、それをしないのである。

これだけ、世界に販売網が広がり、ブランドとしても確立されているのにも関わらず、商標を使わず販売し、見かけは、ノーブランドのようにも見える、ユニクロ製品は、普通のアパレル会社の運営とは、かなり、異なるのである。おそらく、これだけの知名度があれば、過去には、多くのブランドを立ち上げ、そうして、高価格で販売するのが、常套手段である。

しかしながら、ユニクロという、企業は、明らかに普通のアパレル会社の運用とは、かなり異質の取り組みをしているように感じるのである。品質も良い。知名度もある。世界的に有名だが、あえて主張しない。商標を使わずに、製品を作っている。だから、多くの、新興のメーカーと、競争しなければ、ならない。

それは、価格も、もちろんだけれども、品質も、かなり良いものでないと、生き残れないのである。私は、このことを考えるとき、ユニクロの経営方針は、おそらく、商標にあえて、甘えさせることは、選ばないことによって、品質を絶えず、改良して洋服を提供しなければ、たちまち、経営が成り立たなくなる、っていう、大企業病を防ぎ、あえて、品質という、もちろんデザイン面も、こだわることによって、こだわりを持っているのではないか、と強く感じるのである。

同じように感じるけれども、他の会社の製品との差別化をさらに、進めているとしか、思えないのです。商標でなく、品質で勝負するなんて、価格は、そう簡単には、上がらない。けれども、他には、真似をされない自信があるのでは、ないかと最近、強く感じる。

価格が、高価格帯でないということは、誰にでも、割りに気軽に購入できることであり、そこには、購入者を選ぶ、ってことはない。つまり、グローバルに受け入れられることを戦略としていて、おそらく、もう、世界中は、ユニクロなしでは、生活できないように、なっている。ユニクロは、大きな野望を抱いて、果てしなく、独走していく企業のように思われるのです。


I recently purchased a product from Uniqlo. So, I tried washing the products I purchased before wearing them. It took about 30 minutes to wash, twirl in water, and spin twice. Then it was dried, and this photo is the result.

Surprisingly, the tag is still intact. Barcodes are also readable. I can't believe it was washed. What's more, the button plastic bag that came with it didn't contain a single drop of water. I was very surprised to see how thorough the quality control was.

It is true that quality control is important for products, but I had no idea that even the product tags on which they are sold were subject to such strict quality control.

When I told my family about this, they said that it might not be paper at all. That may certainly be the case.


The voting papers used in Japanese elections are not pure paper. It is like a special thin paper so that it can withstand even if it gets wet, and when voting during elections, it is pre-folded with crease lines to prevent personal information from leaking. ,Vote. The material used is such that when the ballot box is placed, it opens automatically. In other words, this is designed to speed up the vote counting time.

Going back to the topic, I think Uniqlo is so particular about its products that we probably don't realize it. Heattech underwear seems to be evolving year by year, and I learned that the year of manufacture can be found on the tag.


So I'm sure I'm very particular about details. Uniqlo products are not sold as a brand. That's why UNIQLO is not displayed on the surface. We are competing solely on quality. At this point, it is normal to put the trademark on the front and sell products in a high price range. Normally, in apparel, branded products sell at a high price, but this is not the case.


Despite having a worldwide sales network and an established brand, UNIQLO products are sold without trademarks and appear to be unbranded products.Uniqlo products are run by an ordinary apparel company. It is quite different from that. Probably, in the past, when a company has this much name recognition, it has been common practice to launch many brands and sell them at high prices.

However, I feel that Uniqlo, a company, is clearly engaged in initiatives that are quite different from the operations of a typical apparel company. Good quality too. It also has name recognition. Although it is world famous, it does not dare to claim it. We make products without using trademarks. Therefore, we have to compete with many emerging manufacturers.


In order to survive, products must be very good in terms of price and, of course, quality. When I think about this, I think that UNIQLO's management policy is that it must not choose to rely on trademarks and provide clothing that constantly improves quality, otherwise it would have become a business in no time. I strongly feel that they are trying to prevent the big company disease of disappearing by paying particular attention to quality and, of course, design.


I feel the same way, but I can only think that they are further differentiating their products from other companies' products. If you compete on quality rather than trademark, prices will not go up so easily. However, I have recently felt that I have the confidence that others will not imitate me.


The fact that the price is not in a high price range means that anyone can easily purchase it, and there is no need to choose the purchaser. In other words, the company's strategy is to be accepted globally, and the world has probably come to the point where it is no longer possible to live without Uniqlo. UNIQLO seems to be a company with big ambitions and endlessly running on its own.

Comments


bottom of page