top of page

不動産会社設立は、相続対策になるか?Is the establishment of a real estate company an inheritance measure?

日本には、相続税がある。これは、高額な資産を持っている人には、悩ましいです。

私は、税理士に相談してみた。

税理士に相談するには、有料、無料がある。

それは、内容にもよる。

仮にその家庭に1億円金融資産があっても、相続税は、子供2人だと、400万円少し、上回るくらいです。

だから、色んな事をしないで、大丈夫らしい。

けれども、それを相続した次の代は、相続が大変になる。

私は、不動産賃貸業をしています。

それは、法人名義です。

そんなに多く無い資産だけど、投資と相続を考えて、こうなった。

でも、そんな必要は、無かったと言われた。

税理士にも、色んな税理士が居て、悪質な営業をしているところがある。

私は、インターネットで、大々的に広告を打っている税理士に頼んで、法人設立をした。

そこには、元銀行員が営業をして、上手く契約を取れば、そこで、違う所に勤務が変わったと、言って逃げる。

そんな、良くないところだった。

何事も、そうだけど、自己責任です。

法人が設立できたら、書類が送られてきた。

そこには、顧問料が、年間300,000円掛かる。

不動産は、当初増やすつもりだった。

けれども、それも、今は、辞めている。

不動産業界に嫌気がさしたからです。

これは、又、別の機会に書きたい。

その顧問料のことです。

そんなに払うと、利益が少なくなる。

だから、その書類は、送り返した。

くれぐれも、簡単にハンコは、押しては、いけない。

その税理士事務所は、書籍も出している。

だから、信じてしまう人も、多いと思う。

私は、法人設立は、頼んだ。

だけど、運営は、自分でやっています。

利益が、吹っ飛んでしまうから。

節税のつもりが、諸経費で、お金が掛かり、継続できない人も多いと思う。

税理士も色んな税理士がいるので、自分に合った、税理士を見つけることが、大切です。

私は、というと、法人税は掛かる。

だけど、自分で、決算、申告しているから、ランニングコストは、会計ソフト代だけです。

だから、なんとか、やっています。

けれども、不動産で、資産を残しても、子供達は、要らないという。

不動産賃貸業は、誰でも、できるものではない。

だから、今、迷っています。

会社設立のコツは、業務を広範囲にすると、良い。

だから、色んなことができる。

将来は、違う業務にするか、又は、休業しようか、色んなことを考える。

会社は、納税義務があります。

だから、相続の為に運用した会社が、運用の為に資産を削るのは、矛盾するから、です。

法人設立は、税理士雇用が、大きなネックになります。

私は、これを自分でできるから、人よりも、有利だけど、それでも、社会保障とか色んなことがある。

だから、税制を良く知って運用することが必要です。

これができる人は、たくさんの資産を持った人か、税制に詳しい人になる。

中途半端にお金のある人は、会社経営は難しいから、経費面で、何の為に会社設立したのか、分からなくなることもある。

資産を築くのも難しいし、引き継ぐのも、又、難しい。

だから、相続税で、多くの人は、国に資産を持っていかれるのです。


一度だけ寄付する

寄付していただきありがとうございます。寄付

 

毎月寄付する

寄付していただきありがとうございます。月単位で寄付する

 

毎年寄付する

寄付していただきありがとうございます。年単位で寄付する

Comments


bottom of page