top of page

[駅近物件]便利な住宅価格と不便な住宅価格の二極化

日本の不動産は、駅から○分と表示があります。

これは、1分80mと換算されます。


もし、500mでしたら、500÷80=6.25 ですが、端数切り上げで、7分と表記されます。

やはり、駅近く、が好まれます。

徒歩、10分が一つの目安です。

駅近くは、希少性が有ります。


特に日本は、災害の多い国であり、又、高温多湿の気候風土なので、一般的に建物の寿命は短いです。


ですから、容積率を上げてマンションを作っている所も有りますが、それを疑問視する専門家も存在します。


駅から遠くなりますと、人口密度が低いので造成して土地を利用出来ますので、自ずと土地の供給が多くなりますので、買った値段より、土地評価が下がるリスクが有ります。つまり、住宅価格が下がります。


これが、今、話題になっている、住宅価格の二極化です。


最近は、便利なところが人気で、若い世代、高齢世代、共に便利なところにある住宅が積極的に選ばれるようです。このような住宅価格は、上昇しています。

これは、人口が減り、ますます、住みやすい住環境を求めることが多くなりました。

日本には、このような住宅事情が有ります。


Japanese real estate is marked with a minute from the station.

This is converted to 80m per minute.

If it is 500m, 500 ÷ 80 = 6.25, but rounded up to 7 minutes. After all, the station is preferred.


One guide is 10 minutes on foot.


There is rarity near the station.

Japan in particular is a country prone to many disasters and has a hot and humid climate, so the lifespan of buildings is generally short.


Therefore, although some places are building condominiums by increasing the floor area ratio, there are some experts who question this.


The further away you are from the station, the lower the population density and the availability of land for development, which naturally increases the supply of land, so there is a risk that the land will be valued less than the purchase price. That means housing prices will fall.


This is the polarization of land that is currently being talked about.

Convenient locations are popular these days, and both young and older generations seem to be actively choosing homes that are conveniently located. These home prices are rising.


This is because the population is decreasing and people are increasingly looking for comfortable living environments.

Japan has such a housing situation.




Comments


bottom of page