top of page

リサイクルはビジネスになる。Recycling becomes a business.

日本は、この新型コロナで、古着を輸出もできず、大変だったし、この古着輸出もいつまで、続くか、分からないと思っています。

実際、ペットボトルも、中国に輸出していましたが、今では、中止になっています。日本の国土は、小さい、です。その多くが、山岳地帯なので、平地が、極端に少ないので、人口密度も高い、です。

ですが、海外からは、そのゴミ処理について、日本に大きな関心を寄せているようなことを、聞いたことがあります。日本では、シャンプー等のヘアケア製品や衣料洗剤、ボディーソープ、化粧水、乳液等、色んな製品が、詰め替えボトルを買えば、もう、袋にパッケージされた商品を買って、詰め替えるようになっています。

これを導入するのに、容器会社が、反対しましたが、これは、認められませんでした。今、日本は、個人宅から出るゴミは、徹底的に分別されて収集されます。金物は、再生され、燃える物は、焼却、リサイクルされるものは、そのようにされます。全てではありませんが、ペットボトルは、ふたは、別に、フイルムは剥がされ、ちゃんと洗って出します。

それは、スーパーマーケットでも、店の入り口に紙パック、食品トレー、ペットボトル、アルミ缶、スチール缶、等集めています。だから、綺麗に洗って、スーパーに行けば、そのボックスに入れて、リサイクルに出せます。これらの運送は、スーパーの商品納入業者が、帰る空になったトラック等が、利用されます。

このように、日本は、国土が、小さいので、以前からこのようなシステムがありました。古着も輸出国でしたが、これからは、新型コロナで、輸出できなかった経験を生かして、色んなものが、色んな形になって再生して、使うことになるでしょう。

自分で、使ったものを他の国に頼らず、処理することは、自立するには、必要なことです。そうして、より良い衣料が、多くの国に行き渡ることを、日本は、ビジネスを通じて、頑張っています。

こうやって、ゴミが、色んなものに生まれ変わっていくことは、自然と共存することに非常に大切です。

日本では、色んなアイデアを出す人がいて、使い捨ての割り箸を、農業の苗木の支えにしたりする為に集めて販売する古物商の方もいます。ゴミと思っていたものが、色んなアイデアで、使うことができます。

これからは、ゴミを色んなアイデアで、宝にできる人は、ひとつのビジネスの成功者になると思います。ニッチなところから、個人のビジネスは、始まります。そんな小さなことも、ビジネスになることがあります。


一度だけ寄付する

寄付していただきありがとうございます。寄付

 

毎月寄付する

寄付していただきありがとうございます。月単位で寄付する

 

毎年寄付する

寄付していただきありがとうございます。年単位で寄付する

Comments


bottom of page