top of page

ブリジット・ライリー「ナタラージャ」は厳しい教えの輪廻転生図Bridget Riley’s “Natarajya” is a reincarnation chart

今回は、ブリジット・ライリーの作品、「ナタラージャ」である。ナタラージャとは、ヒンドゥー教の神のシヴァ神のことである。

まず、このヒンドゥー教の信仰は、カイラム山(ヒマラヤ山脈、カンティセ山脈)が信仰になっています。この山は、非常に険しく、この絵画は、このカイラム山に影響を受けているように思われました。


そうして、ヒンドゥー教は、輪廻転生が根本にあります。これは、今の身分で最大限の努力をして、人生において、良いおこないをすれば、死んで、生まれ変わる時に、今度は、身分が高くなります。そうして、悪いことをすれば、生まれ変わる時は、時に、人間でないこともあり、かなりの修行を積むことになります。


このようにヒンドゥー教は、今、置かれた身分で修行をして、来世の身分に望みをかけて、日々の苦行を乗り越えていきます。

この「ナタラージャ」は、1993年に描かれています。

この抽象絵画は、輪廻転生図のように私は、感じました。絵画は、不規則なようで、ちゃんとした根拠があり、これを、上下逆にすると、これは輪廻転生図にはなりません。

カイラム山を基本として、鋭く、人間の輪廻転生を描いています。努力が必要ですから、下から、上にたくさんの輪廻転生が描かれています。


左下から、ワンクールごとに、区切られて、その人の輪廻転生がいろんな色で表現されています。修行は、苦しく、なかなか、解脱できません。解脱(げだつ)とは、苦行を成し遂げた者が最終的に輪廻から脱して、解放されて、自由になれるのです。

解脱を成し遂げるのが、とても、難しいです。


この絵画は、よく見ると、最高位は、天に解脱することです。放免されるには、ワンクールを無視して、伸びているラインが、その人が、解脱した後です。これは、ブルーの色です。

そうして、大地に降りるのが、第二位の解脱です。これは、グリーンのラインで、ワンクールより、伸びているラインが、その人が、解脱したラインです。

私は、このように感じました。輪廻転生から、根け出すことのできる人は、この絵画を見れば、難しいことがわかります。

たとえ、恵まれない立場であろうとも、その逆でも、解脱することができるものは、ごくわずかです。だからこそ、一生懸命、生きなさい、とこの絵画は、残酷なことも、そうでないことも、淡々と伝えるように、描かれています。


実際鑑賞しましたが、単調に描かれたこの絵画は、色使いに目を奪われそうになりますが、そこが焦点ではありません。

厳しいこのヒンドゥー教の教えを抽象化させることによって、その教えがいかに実践することが、難しく、苦行をおこなうことの重要性を表現しています。

一見、単調で、印象に残りにくい、絵画です。しかしながら、この絵画は、カイラム山をモチーフにして、ヒンドゥー教の輪廻転生図と分かった時には、教えの重みを感じ、素晴らしい絵画だと感じました。

宗教画あり、輪廻転生図であるこの絵画は、教えの厳しさを感じました。

第一印象とは、全く異なるので、あらためて、この絵画の教えを感じ、これを実践する苦行をまざまざと感じた絵画でした。


This time, it's Bridget Riley's work, ``Natarajya.'' Nataraja is the Hindu god Shiva.

First of all, this Hindu faith is based on Mount Kairam (Himalayas, Kantise Mountains). This mountain is very steep, and this painting seemed to be inspired by Mt. Kairam.

Hinduism is based on reincarnation. This means that if you do your best in your current status and do good deeds in life, your status will be elevated when you die and are reborn. If you do something bad, you may not be human again when you are reborn, and you will have to undergo a lot of training.


In this way, in Hinduism, we practice asceticism in our current status, hope for a future status, and overcome daily austerities.


This "Natarajya" was painted in 1993.

This abstract painting felt to me like a diagram of reincarnation. Although the painting appears to be irregular, it has a solid basis, and if you turn it upside down, it does not become a reincarnation diagram.


Based on Mount Kairam, it sharply depicts the reincarnation of humans. Since it requires effort, many reincarnations are depicted from the bottom to the top.

Starting from the bottom left, each section is divided into sections, and the reincarnation of that person is expressed in various colors. Training is painful and it is difficult to attain liberation. Gedatsu is when a person who has completed penance is finally able to break free from samsara and become liberated.


It is very difficult to achieve liberation.


If you look closely at this painting, you will see that the highest level is liberation to heaven. In order to be liberated, the line that extends, ignoring the one-currency, is after the person has been liberated. This is a blue color.


Then, descending to the earth is the second level of liberation. This is the green line, and the line that extends from one cool is the line that the person has liberated from.

I felt this way. If you look at this painting, you will understand that it is difficult for people to take root from reincarnation.


Even if you are in a disadvantaged position or vice versa, there are only a few who can be liberated. That's why this painting tells us to live our lives to the fullest, whether it's cruel or not.


When I actually looked at this painting, the monotonous color scheme almost caught my eye, but that was not the focus.


By abstracting the harsh teachings of Hinduism, it expresses how difficult these teachings are to put into practice and the importance of performing austerities.


At first glance, it is a monotonous painting that does not leave much of an impression. However, when I realized that this painting was a Hindu depiction of reincarnation, with Mount Kairam as its motif, I felt the weight of the teachings and thought it was a wonderful painting.


This painting, which is a religious painting and depicts reincarnation, gave me a sense of the strictness of the teachings.


It was a painting that was completely different from my first impression, and made me realize once again the teachings of this painting, and the austerity of putting them into practice.

Comments


bottom of page