top of page

バーネット・ニューマン「アダム」は計算され尽くした抽象画であり宗教画ですBarnett Newman's ``Adam'' is a carefully calculated abstract painting and a religious painting.

この作品は、まだ著作権がありパブリックドメインになっていないので、作品の画像はないです。検索すると出てきますので、興味を持たれたら、検索してみてください。


アダム(1951-1952年)という作品は、印刷されたものと、実際見た印象は色自体もかなり異なります。背後の色は、ブラウンですが、それは、ピンク色が混ざっており、その太い2本のラインと細い1本のラインもピンク色のような印象です。


印刷技術では、微妙な色だしやペインテングが表現できないので、ここは、やはり本物を見るのが、大切だな、っていつも感じています。


この作品は、大きさは、242.9×202.9cmでかなりの大作です。見上げるような大きな作品は、計算されており、真っ直ぐに見えるように、人の目線に合わせており、下は徐々に太く、目線より上は、徐々に細くなっている。

このように、錯覚を使うことによって、もう一段階、長く伸びやかに、このラインを表現していました。

題名は、アダムだから、おそらく、血の色に近い色にしたのだろう。私は、人間の祖先を太い2本線で、表現し、それは、脈々と現代にも繋がっていると思われるように、このラインは、強調されているのだと思う。この筆跡は、縦に大胆に大きく伸びやかに描かれており、時に荒々しい感じさえ、思うほど、筆跡は、大胆です。

話は、戻るけれども、この2本は、人間の祖先であり、寄り添っている。右端に細いラインがあるのですが、これは、掟を破って生まれた子供だと、私は、理解したのです。

おそらく、これが、次第に、大きくなり、やがては、左に、スクロールして、また、人間が大きな2本線になり、子供が生まれる、っていう、スクロールを繰り返し、そうして、人間は、できている、って表現したいのだと、感じました。


人の祖先は、罪作りな存在であるから、このように、まっすぐと、生きることを神からの啓示としているようでもある。色も、血の色にも見えるし、愛の色の光にも見える。このような光の色、と大地のような色のコントラストは、大地に降りたアダムを祖先とする、私たちに、曲がらず、生きることの大切さを教えているようです。


大地には、大きな試練と、誘惑があるけれども、これに、負けないような、心を持って、生きなさいと、背中を押されているかのようです。

この絵画が、人の目線に合わせて、描かれているということは、一人、ひとりに、丁寧に届けられたメッセージであり、これは、誰も、排除することなく、届けられたメッセージです。

平等に、神は、人々にメッセージを発信しているように受け止められる。このように、温かい、メッセージと共に、大地での、苦難を真っ直ぐに生きることをメッセージにしている。現代における抽象画としての、この宗教画は、心打つ。とても素晴らしい絵画でした。



This work is still copyrighted and not in the public domain, so there are no images of it. You can find it by searching, so if you are interested, please search for it.


The color of the work Adam (1951-1952) is quite different from the printed version and the actual impression. The background color is brown, but it has pink mixed in, and the two thick lines and one thin line also give the impression of pink.


I always feel that it is important to see the real thing because printing technology cannot express the subtle colors and paintings.


This work is quite large in size, measuring 242.9 x 202.9 cm. The large works that look up are carefully designed to look straight at the viewer's eye level, with the bottom part being gradually thicker and the part above eye level gradually becoming thinner.


In this way, by using optical illusions, we were able to express this line to another level, making it longer and more relaxed.


Since the title is Adam, the color was probably close to the color of blood. I express the human ancestors with two thick lines, and I think these lines are emphasized so that people can think that they are still connected to the present day. The handwriting is drawn vertically and boldly and in a large, free-flowing manner, and the handwriting is so bold that you might even think it looks rough at times.


Going back to the topic, these two are the ancestors of humans and are close to each other. There was a thin line on the right edge, and I understood that this was a child born in violation of the rules.


Presumably, this gradually grows, and eventually scrolls to the left, and the human becomes two large lines, and a child is born, repeating the scrolling process, and that's how humans are made. I felt that this is what I wanted to express.


Since human ancestors were sinners, it seems that living an upright life like this is a revelation from God. The color looks like the color of blood, and it also looks like light the color of love. This contrast between the color of light and the color of the earth seems to teach us, whose ancestors were Adam who descended to the earth, the importance of living without bending.


There are great trials and temptations in the land, but it's as if I'm being pushed to live my life with a heart that won't give in.


The fact that this painting was created to suit people's perspective means that it is a message that was carefully delivered to each person, without excluding anyone.


Equally, God is perceived as sending a message to people. In this way, along with a warm message, the message is to live an honest life despite hardships on the earth. This religious painting, a contemporary abstract painting, is very moving. It was a wonderful painting.


Comments


bottom of page