top of page

タレントやユーチューバーも政治家になる時代An era when talent and youtubers also become politicians

2022年7月10日。参議院選挙が行われた。その中には、アイドルだったあのタレントが政治家なんてよくある話になった。どちらかと言うと、少しつっぱった感じのタレントが、人気になり、連続当選とか、可愛いで売り出したアイドルが人気を利用して政治家になるなんて、多くなった。

マラソン選手の松野明美さんは、マラソンでは、そう成績は上げれなかったけれども、オリンピックでメダルを取った有名ランナーより、マラソン大会のテレビ解説をすれば、超一流で、言葉や話が上手だから、テレビやラジオなど多くに出演していました。それは、非常に謙虚で、ドラマで「ブス」の役をしたりしていました。そのうちに、なんと今回、政治家に初当選したのです。ここまでは、今まで、時々あるパターンです。

そのうち、選挙速報を見ていたら、比例代表で、色んな弱小政党があった。ごぼうっていう名前の政党もあった。その中で、NHK党っていうのがあり、その中のガーシー氏、っていう候補者が、当選して、政治家デビューしたのです。

そのガーシー氏は、私はよく知らない。ユーチューバーって、解説があった。顔出しは、本人の意思だから、テレビに、顔写真も映らなかったし、特に取材もなく、さらっとテレビ解説は、そのことを通り過ぎた。

しかし、有名人がその著名度を活かして、政治家になるのに、媒体は、テレビやラジオ、その他の報道機関が多くを占めており、インターネットは補佐でしかなかった。しかし、このガーシー氏は、インターネットから排出された人物です。

だから、これから、ユーチューバーが、政治家になったりすることが多くなるかもしれない。何故なら、彼より有名なユーチューバーは、たくさんいるからです。今でも、ユーチューバーになるのは大変だけど、テレビに出演するより簡単です。自分でプロデュースできるし、これから政治家になりたい人も増えるでしょう。

ユーチューバーが政治家になるなんて私は、正直、想像もつかなかった。まだ、日本では、インターネット投票も行われていないし、今後、若い人を中心に、インターネット投票をしたいと思う人は多いと思う。政府も、今後インターネット投票、についても考える時期が来る。事実、もう、株主総会は、インターネットで行われている。時代と共に、色んなことが変わって行っています。政治の世界もインターネットで、大きく変わる可能性があります。今後どうなるか、見守って行きたいと感じています。


July 10, 2022. The House of Councilors election was held. Among them, that talent who was an idol became a common story of a politician. If anything, talents with a slightly taut feeling became popular, and it became more common for consecutive winners and cute and sold idols to take advantage of their popularity to become politicians.

Akemi Matsuno, a marathon player, did not perform so well in the marathon, but if you give a TV commentary on the marathon tournament from a famous runner who won a medal at the Olympics, he is top-notch and good at speaking and speaking, so on TV He appeared on many radio programs. It was very humble and played the role of “busy” in the drama. In the meantime, this time she was elected a politician for the first time. So far, it’s a pattern that sometimes happens.

Among them, when I was looking at the election bulletin, there were various weak political parties who were proportional representatives. There was also a party named Gobo. Among them, there was the NHK Party, and a candidate named Mr. Garcy was elected and made his debut as a politician.

Mr. Garcy, I’m not familiar with it. There was a commentary on YouTuber. Since the appearance was the intention of the person himself, no face photo was shown on the TV, and there was no particular coverage, and the TV commentary passed by.

However, when celebrities took advantage of their prominence and became politicians, the media was dominated by television, radio, and other media outlets, and the Internet was only an assistant. However, Mr. Garcy is a person who was discharged from the Internet.

So, from now on, YouTuber may become a politician more often. Because there are many YouTubers who are more famous than him. It’s still hard to be a YouTuber, but he’s easier than appearing on TV. He can produce himself, and more people will want to be politicians in the future.

To be honest, I couldn’t imagine that YouTuber would become a politician. Internet voting has not been held in Japan yet, and I think that there are many people who want to vote on the Internet, mainly young people, in the future. It is time for the government to think about Internet voting in the future. In fact, the shareholders’ meeting is already held on the Internet. Many things are changing with the times. The world of politics can also change dramatically on the Internet. I want to keep an eye on what will happen in the future.


最新の投稿


2024年3月号の文藝春秋を読みました。 今回の特集は、日本最高峰の芥川賞受賞作九段理江「東京都同情塔」だった…

2024年2月13日


2024年2月7日の国会は、2024/02/06に配信した盛山正仁文部科学相の旧統一教会の選挙援助について、追…

2024年2月7日


2024年2月6日の朝刊、朝日新聞のすっぱ抜き記事を今回は取り上げていきたいと思います。 盛山正仁文部科学相が…

2024年2月6日

Comments


bottom of page