top of page

サムライの精神。Samurai spirit.

日本では、色んな試験や選挙などの結果を合格なら、「桜咲く(サクラサク)」、不合格なら、「桜散る(サクラチル)」と言われます。桜は、日本の文化であり、伝統です。

最も、きれいな時は、「咲き」そして、桜は、咲いている期間の短い花で、そのはかなさから、その悲しみを「散る」と言います。それを乗り越えて、ふたたび合格した時は、日本では、「返り咲き(カエリザキ)」と言います。

つまり、「桜がもう一度咲くこと」を言います。「断腸の思いです。(ダンチョウノオモイデス)」これは、日本人なら、分かるけど、外国人は、分からないと思う。ダンチョウとは、はらわた(ハラワタ)が、ちぎれるほど、たくさんの悲しみや苦しみ、のことです。ハラワタとは、大腸や小腸のことです。これらは、お腹に有ります。

日本の武士(サムライ)は、自分のミスなどあると、割腹(カップク)と言って、日本刀で、腹を切って死んでいました。その姿が、潔く、素晴らしい、とされました。だから、言い訳なんかせずに、自ら、死んでいきます。その姿は、桜の散る、姿に私は、重なります。日本人は、この言葉、「断腸の思いです。」(ダンチョウノオモイデス)で、「ああ、サムライだった。」と思うのです。


一度だけ寄付する

寄付していただきありがとうございます。寄付

 

毎月寄付する

寄付していただきありがとうございます。月単位で寄付する

 

毎年寄付する

寄付していただきありがとうございます。年単位で寄付する

Comments


bottom of page