top of page

カーペットの滑り止め劣化の対処方法

カーペットの滑り止めの劣化の対処方法です。

まだ使えるぐらいキレイなのに、裏だけ劣化しているのですから。



って記事を書きましたが、布が余るのですね。


その布を使って、裏に手縫いして、貼り付けました。


こんな感じです。


This is how to deal with worn out anti-slip carpeting.


The carpet is still clean enough to be used, but only the underside has deteriorated.


I previously wrote an article about remaking a duvet cover into a futon cover,


but I ended up with some leftover fabric.


I used that fabric and hand-sewed it to the underside.


It looked like this.

布地は、ちょっと幅がなかったので、ミシンで継ぎました。


初めはどうしようか?って悩んだのですが、カーペット部分は、傷んでないので、このようにして、使っています。


捨てるのは、もったいないですね。


布地の質の良いものは、置いておくと、とても便利に使えますので、ぜひ置いておきましょう。


カーペットの滑り止め劣化の対処方法を書いてみました。


The fabric was a little too narrow, so I joined it with a sewing machine.


At first I was worried about what to do, but the carpet part is not damaged, so I am using it like this.


It would be a shame to throw it away.


Good quality fabric can be very useful if you keep it, so it's definitely worth keeping.


I've written about what to do when the anti-slip coating on carpet deteriorates.


最新記事

すべて表示

日本における少子高齢化社会をどう乗り切るべきか?

日本における少子高齢化社会をどう乗り切るべきか? 日本は、世界の中でも、少子高齢化社会が顕著に現れております。国連の報告によると、2022年時点で世界の人口の65歳以上が、10億人を超え、今後30年間でさらに20億人に達すると予想されています。特に、東アジアやヨーロッパで高齢化が著しく進展すると考えられます。 現代の若者は、娯楽が多く、医療も発展していることから、余分に、子供を持つことは、少なくな

日本における少子高齢化社会がもたらす現象と対策と課題

日本における少子高齢化社会がもたらす現象と対策と課題 日本における15歳から64歳までの生産人口は、1995年をピークに減少を続けており、2020年には7450万人で、総人口に占める割合は59.4%になっています。今後、生産年齢人口は、さらに減少していくものと推計されており、社会保障制度の維持や経済成長の停滞が懸念されています。 高齢者人口の増加により、65歳以上人口は、1970年には700万人を

日本の人口動向と日本人が長寿国であることの要因

日本の人口動向と日本人が長寿国であることの要因 日本の人口動向 2024年現在、日本の人口は、約1億2500万人と推計されており、世界12位の人口規模となっています。しかし、近年は深刻な少子高齢化の影響で人口減少が続いており、2023年には、ついに自然減に転換しました。 出生率は、2023年には、1.30と過去最低を更新し、合計特殊出生率も1.35と依然として出生ラインの2.0を大きく下回っていま

Comments


bottom of page