top of page

オーナーチェンジ物件がボロ物件だった件。I bought a real estate property and an owner change.

オーナーチェンジの物件を購入した話を書こうと思う。

オーナーチェンジは、中に賃借人が入っているから、中が見れない。

不動産投資を始めた方なら分かると思うけど、物件がやたら欲しい気持ちになる事がある。

そんな時、オーナーチェンジの物件を紹介された。

結論から言うとそれは、ボロ物件だった。

そのボロ物件には、入居者に入ってもらう為に2台のエアコンとウォッシュレットが付いていた。

だけど、入居者は、オーナーが変わったので、退去した時に、それを全部持って行った。

リフォームするから、良いけれど、ボロ物件には、それなりの入居者しか入らない。

世の中、上手い話なんて、無い。

だから、オーナーチェンジで、良い物件は、たちまち、業者や大きく事業展開しているオーナーに話が行く。

だから、普通の人は、良い話は来ないことを知っておいた方が良い。

綺麗に私は、その物件をリフォームしました。

そのリフォームが、上手くできない人は多いから、不動産投資は難しい。

そのリフォームした物件は、このコロナ禍で、今は、空家です。

その物件を売りに出してみた。

そうすると、不動産業者は、あれこれ、言って、お安く買い叩こうと、色んな言葉を掛けて来る。

これより、良い綺麗な物件がお安く出た、とか。

でも、その物件は、話とは違って、ボロ物件でした。

言葉に騙されて、弱気になれば、直ぐに、買い叩きに合う。

だから、業者の言うのは、馬耳東風(バジトウフウ)。

つまり、聞き流して、気にしてはいけない。

これは、不動産業界だけでは、ない。

お金に関しては、自己をきちんと持たないと騙されて、持っていかれる。

この物件は、繁忙期になれば、賃貸に出すつもりです。

コロナ禍では、不動産売却も、なかなか難しいです。

良い賃借人に恵まれますように。

このように、不動産賃貸業もなかなか大変です。


一度だけ寄付する

寄付していただきありがとうございます。寄付

 

毎月寄付する

寄付していただきありがとうございます。月単位で寄付する

 

毎年寄付する

寄付していただきありがとうございます。年単位で寄付する

Comentarios


bottom of page