top of page

まじめに生きる。Live seriously.

今回は、日本の「実直さ」、まじめに行う、国民性を書いてみようと思います。

それは、昔の「サムライ」を語る必要があります。


以前、「参勤交代、サンキンコウタイ」のお話をしましたが、「武士、ブシ」は、お金ではなく、「精神」、つまり「心がまえ」が、最重要でした。


ですから、武士は、戦う時に、お互いに「我(ワレ、自分のこと)、○○である。」と、お互いに、名前を交わして、戦争をしていました。


ですから、今の「スポーツ」のように、お互いの戦力を、フェアに、して「ほんとうに、チカラの強い」武士こそ、評価されていました。


そのうちに、「奇襲(キシュウ)」といって、相手の「油断」している隙(スキ)に攻めるようになったのですが、それぐらい、「誠実さ」を求める「国民性」です。


ですから、「武士、ブシの家計簿」という、映画もあります。決して、経済的豊かさが、身分を表しているのではありません。


ですから、「家」という最小単位の「家計」つまり、「会計」こそが、大事だということです。


限られた「お金」で、いかに「教養」付け、「お金」のチカラで、人に尊敬されるのではなく、「真に実力」のある、「真に尊敬される」人物であることが、大切でした。

「お金」は、ウソをつきません。


ですから、その限られた「予算」の中で、信頼を築くために「負債」を持っていたとしても「返済」して、「信頼」を重ねていくのです。

それは、身分が高い、低いではなく、「お金がない」ことを世間に知られても、尊敬される、ということです。


ですから、日本では、「清貧(セイヒン)に生きる」ということばが、とても好まれています。


清貧とは、「清、セイ」。これは、漢字で、「清」これは、一文字で、「水に青い」と書きます。ですから、とても、きれいな水、つまり、濁り(にごり)のないとてもきれいだという意味です。

それに漢字の「貧、ヒン」つまりこれは、貧乏だという意味です。

ですから、「清貧に生きる」とは、「貧乏であっても、とてもきれいに生きる」ということです。


「お金」で「尊敬」は買えません。

ですから、「たくさんお金を持っている」ではなく、「どうやってお金を稼ぎ、持っている」が、社会的に評価されます。


「きれいなお金」と「汚ない(きたない)お金」では、評価が違います。

「悪銭(アクゼニ)は、身に付かない」ということばもあります。

「汚ない手段で得たお金は、結局は無くなってしまう」という意味です。


ですから、日本で、高価なもの、たとえば、「iPhone」を無くしても、警察に届けられて、元の持ち主に戻ります。


ひとつ、ひとつ、誠実にすることが、「信頼」を築くことになるのです。

今回は、「まじめに生きること」の大切さ、を書いてみました。

お湯呑、有田焼、日本製 Teacup, Arita ware, made in Japan https://amzn.to/2WoCCPT


This time, I would like to write about the Japanese national character of honesty and seriousness.


To do that, we need to talk about the "samurai" of the past.


I previously talked about "Samurai Alternate Attendance," but for "Bushi," money was not the most important thing, but rather the "spirit," or "attitude."


So when samurai fought, they would exchange names with each other and say, "I am ____."


So, like in sports today, the samurai who were "really strong" and who were fair in their fighting power were highly valued.


Eventually, they began to attack when their opponents were off guard, which they called "surprise attacks," and this is how much "honesty" the "national character" demanded.


So there is a movie called "Bushi Bushi's Household Account Book." Economic wealth is by no means an indication of status.


Therefore, the most important thing is the "household finances" of the smallest unit, the "family."


It was important to be a person with "true ability" and "truly respected," not to be "educated" with limited "money" and to be respected by others through the power of "money."


"Money" does not lie.


Therefore, even if you have "debts" within that limited "budget," you "pay them off" in order to build trust, and build up "trust."


It's not about high or low social status, but about being respected even if the world knows that you have no money.


That's why the phrase "living in simple poverty" is so popular in Japan.


"Simple poverty" is "sei." This is the kanji for "sei," which is a single character that means "blue water." So it means very clean water, in other words, very clean, without any turbidity.


And the kanji for "hin" means poor.


So, "living in honest poverty" means "living very cleanly even if you are poor."


"Money" cannot buy "respect."


Therefore, what is valued in society is not "having a lot of money," but "how you earn and have money."


"Clean money" and "dirty money" are valued differently.


There is also a saying that "bad money does not stick with you."


This means that "money obtained by dirty means will eventually disappear."


So, in Japan, if you lose something expensive, such as an iPhone, it will be turned in to the police and returned to its original owner.


Being honest with each and every thing builds "trust."


This time, I wrote about the importance of "living honestly."


Comentarios


bottom of page