top of page

たたき上げ。Launch,Tatakiage.

ここ日本では、やっと苦労して成功した人のことを「たたき上げ」と言います。

これは、とても「ほめる」ことば、です。

日本は、天災(テンサイ)とは、暴風、地震、落雷、洪水などの自然で起こる災害のこと、です。

事実、日本は、温泉が多いのは、地震の多いしるしです。

その上、急勾配(キュコウバイ)といって、リアス式海岸が多いので、急坂が多い。

だから、多量の雨によって、洪水なども多く発生します。

河が氾濫(ハンラン)します。この頃の異常気象によって、多くこのようなことが、起こるから、もう、住宅保険は、保険金を払うのが、大変になり、一年更新しかできないようになりました。(2021年現在)。

首都圏の、タワーマンションが、水害によって、大変なことになったし、今後、どのようなことが、起こるのか、想像もつかない。

そんな、日本だから、「苦労」は、尊敬される。

日本のことばに「たたき上げ」とは、人の下に使われて、出世しないとか、才能、能力が、なかなか、認められずに時間が大変かかり、その苦労をたくさんすることです。

それを耐えしのび、やっと、開花(カイカ)する。

カイカとは、ここ日本では、桜の花が、咲くことが、素晴らしい、出来事だと、言われます。

だから、「たたき上げ」つまり、いっぱい苦労した人は、尊敬される。

苦労しても、なかなか、うまくいかない人もいると思う。

人は、「ひねくれる」つまり、素直でいるのは、難しい。

だから、素直なことは、「成長」に欠かせない、ことだと思う。

人は、「自我、ジガ」自分のこと、を形成するのに素直にいることは、とても、難しい。

外国の人は、日本には、「根性、コンジョウ」困難にもくじけないことが、とても、尊敬される、とされるけれども、そんなことしてまで、こんなことしないといけないの?と感じているようなことを言われたことがあります。

日本は、地震がある。

だから、建物は、強い。

外国で、地震が発生して、建物が倒壊した、とか報道される。

この日本では、そんな程度の地震は、何時も起きている。

でも、建物は、倒壊しない。

建物ひとつだって、こんな感じです。

これは、そうならないと、この地、日本は、成り立たない、のです。

だから、見かけ、は、格好良くなくても、良い。

「たたき上げ」は、「尊敬」される。

見かけ、ではない。

そんな、国土だから。多くを語ることはない。

「無言」でも、必ず、人は、「感じる」。

だから、多くの「苦労」は、語ることは、無い。


一度だけ寄付する

寄付していただきありがとうございます。寄付

 

毎月寄付する

寄付していただきありがとうございます。月単位で寄付する

 

毎年寄付する

寄付していただきありがとうございます。年単位で寄付する

Comments


bottom of page