top of page

お金持ちの服装とファッション。Rich clothing and fashion.

色んなお友達がいるけど、女性って、色んなブランドのバックとか、ブランドのアクセサリーが、大好きな人が多い。私は、そんなに好きではなく、少し持っていても、もう使わない。父は、洒落た言葉を時々言う。「自分がブランド」ああ、まさしくそうだな、って思う。自分に自信が有れば、居住地とか、車、家、なんでもそうだけど、格好つけなくて良いと思うようになった。

だから、以前は、革靴とか、好んで履いていたけれど、この頃は、スニーカーが多くなった。家族が、ある高級のクルマのディーラーに行ったことがある。その店内は、とても裕福そうな、人々が多かったそうです。なのに、ポツンと普段着で、行った家族に店長が案内してくださったり、ふと、夕方に立ち寄ったデパートで、ありふれた格好の私に丁寧にお辞儀してくださる。あれって、どんな基準で、人々を選ぶのだろう。本当のお金持ちって、地味なんだと思う。

私が、ある銀行のフロアーに行けば、その何処にでも居るような人が、来ると、奥に座ってる店長級の人が、立ってお辞儀をする。そんな場面を、いく度か見たことがあります。だから、普通の格好をした目立たない人が、実は、お金持ちだったりすることが、多いと思うことが多い。普通の格好をした方が、大家業の方が、多いと言う話を聞いたことがあります。日本のお金持ちって、地味な人が多いと思う場面を良く見る。だから、本当のお金持ちは、目立つことが、嫌いなんだ。この日本では、そういう、場面に遭遇します。


一度だけ寄付する

寄付していただきありがとうございます。寄付

 

毎月寄付する

寄付していただきありがとうございます。月単位で寄付する

 

毎年寄付する

寄付していただきありがとうございます。年単位で寄付する

最新記事

すべて表示

日本における少子高齢化社会をどう乗り切るべきか?

日本における少子高齢化社会をどう乗り切るべきか? 日本は、世界の中でも、少子高齢化社会が顕著に現れております。国連の報告によると、2022年時点で世界の人口の65歳以上が、10億人を超え、今後30年間でさらに20億人に達すると予想されています。特に、東アジアやヨーロッパで高齢化が著しく進展すると考えられます。 現代の若者は、娯楽が多く、医療も発展していることから、余分に、子供を持つことは、少なくな

日本における少子高齢化社会がもたらす現象と対策と課題

日本における少子高齢化社会がもたらす現象と対策と課題 日本における15歳から64歳までの生産人口は、1995年をピークに減少を続けており、2020年には7450万人で、総人口に占める割合は59.4%になっています。今後、生産年齢人口は、さらに減少していくものと推計されており、社会保障制度の維持や経済成長の停滞が懸念されています。 高齢者人口の増加により、65歳以上人口は、1970年には700万人を

日本の人口動向と日本人が長寿国であることの要因

日本の人口動向と日本人が長寿国であることの要因 日本の人口動向 2024年現在、日本の人口は、約1億2500万人と推計されており、世界12位の人口規模となっています。しかし、近年は深刻な少子高齢化の影響で人口減少が続いており、2023年には、ついに自然減に転換しました。 出生率は、2023年には、1.30と過去最低を更新し、合計特殊出生率も1.35と依然として出生ラインの2.0を大きく下回っていま

Comments


bottom of page