top of page

お金を稼ぐ王道。The royal road to make money.

他人は、良く見える。

テレビと同じ程、進んだのが、インターネットです。

色んなアイデアで、情報を売って、生計を立てている人がたくさん生まれた。

だから、「情報」で、「ラクして」お金を「稼ぎたい」。

と思っている人がたくさんいる。

日本に面白い言葉がある。

「稼ぐに追いつく貧乏なし。」

一生懸命働くと貧乏することは、ない、ということわざです。

それにこんな言葉もある。

「貧乏ひまなし。」

貧乏なために、生活に追われて、暇が無い。

つまり、稼ぐということは、世の中を生きるための仕事、です。

豊かになりたい、はずなのに、始めた仕事が、毎日、貧乏にならないように働くことになる。

毎日、休まず、お金のために働くことになる。

毎日、インターネットの更新とか。

それが、お金を稼ぐためなら、やめた方が良い。

それは、効率が悪いからです。

つまり、資本主義が、わからないで、インターネットの世界に「夢」見て、参入する人が、たくさんいる。

けれども、資本主義は、多くの資金を持った人が有利です。

それは、色んな場面で如実に現れる。

インターネットで成功した人も、バックには、支援する人が存在する。

それは、プロダクションだったり、スポンサーだったりする。

まれに、スターのような人もいるけれど、これは、私の言葉でいうと、賭けごとのような、ゲームのような、人生です。

だから、そんな良い話は、ずっと続くはずは、無い。

芸能人だって旬がある。

そんな良い話は、そんなに無い。

そんな良い話が、ずっと続くはずが無い。

だから、「普通」が一番良いと感じる。

普通を続けていれば、それは、大きな「ちから」になる。

「普通」は、一番難しい、から。

良い就職先とされた「銀行員」は、今やリストラの対象で、もう、高給取りでは無い。

そんなことが、身近にたくさんある。

人は、苦しいと、誰にも、相談できなくなる。

じっと、黙っている。

だから、声さえ、あげれない人がいる。

家庭が苦しくて、困った学生もいる。

そんなことを知って、学校に制服を寄付したこともある。

学校が、困った家庭に制服を渡してくれる。

人は、苦しいと、無言になる。

そんな家庭が、あることを忘れては、いけない。

もっと、謙虚になる必要がある。

良い格好をしていて、寄ってくる人は、警戒した方が良い。

危険がいっぱいある。

だから、「大金」を「稼ぐ」とか、考えずに、小さな「一歩」で良いから、前を向いて、踏みだして欲しい。

仕事に貴賤(キセン)上下なんて無い。

確実に1ヶ月、入ってくるお金があれば、そこから、工夫すれば、お金は、貯まる。

そうしていれば、少しの余裕が生まれる。

色んな情報があるけれど、地に足をつけて、着実に、生きよう。

そうすれば、色んなことができるようになる。

「資本」と「信用」は、社会にを生きる上で、最も大切です。

定職や信用がないと、なかなか、クレジットカードは、作れない。

そう、インターネットの社会にも、入れない。

だから、人生は、基礎作りが、最も大切です。


一度だけ寄付する

寄付していただきありがとうございます。寄付

 

毎月寄付する

寄付していただきありがとうございます。月単位で寄付する

 

毎年寄付する

寄付していただきありがとうございます。年単位で寄付する

Kommentare


bottom of page