top of page

食物連鎖「自然」と「命」food chain"Nature" and "life"

食物連鎖というのをご存知でしょうか?

地上の食物連鎖の頂点は、人間です。食物連鎖は、頂点だから、数が少ない、です。

やはり、支える食物が無いと成り立ちません。


その自然の法則を破ったのは、人間です。


植物を栽培して、食物を作りました。そのうちに、動物を飼育して、食料にしています。

その上に、食物になり易いように、遺伝子組換えまで、始めました。


ですから、多様であるはず、の自然が、単一になるという事は、脆弱性があります。

メンデルの法則でも、優性と劣性があり、そこには、遺伝子の多様性を示しています。


ですから、育て易い代わりに、「人間」は、「危険」を選んでいます。

ですから、ちょっとしたことで、病気になる動物や植物があります。


ですので、多様性を失った生き物は、やはり、絶滅し易いです。

地球環境が、悪くなる中で、絶滅する生き物が、多いです。


これを軽く考えては、いけません。


全ては、共存してこそ、地球はあるからです。


ですから、人工的に育てられている、生物だけ、生き延びることは、難しいと思います。

自然に、生かされていることを良く認識することが、必要です。


ですから、人工的に育てられた家畜に色んな病気が、増えています。

これは、深刻で、これらは、食物が、減ることを意味します。

食物連鎖の頂点は、人間、ですから、調整が必要、になります。


それは、どんな形かは、わかりません。

ですが、これは、いずれ、調整されます。


人間には、「性」があります。これは、絶滅性の要因のひとつ、となります。


生命スパンの長い植物で、みてみましょう。


キーウイの木は、実りを他の生き物に与えることによって、繁栄しています。

しかし、イチョウの木は、命の種を手で触ることは、できません。保身になることによって、命を繋いできましたが、今は「絶滅危惧種」です。


このように、生命スパンの長い植物では、観察できます。

このことから、分かることは、周りに「恵」を与えることが、とても大切で、それは、地球にも優しい、ことが、分かります。

ところで、人間は、今、環境に対して、どうでしょうか。


食物は、「命」です。粗末にしていませんか。


食物は「命」。

感謝して、大切にいただきましょう。


「命」には、限りがあります。「命」は、共存しなければ、生きていけません。

全てにかぎりある「命」だということを、知り、謙虚に生きていきましょう。

Do you know the food chain?


At the top of the earth's food chain are humans.


The food chain is small, because it is the peak.


After all, it does not work without food to support.

It is humans that have violated the laws of nature.


I grew plants and made food.


In the meantime, the animals are bred and fed.


On top of that, we started to genetically modify it to make it easier to eat.


Therefore, it is vulnerable that nature, which should be diverse, becomes unity.


Mendel's law also shows dominance and recession, which indicate genetic diversity.


So, there are animals and plants that get sick for a little bit.


Therefore, creatures that have lost diversity are still extinct.


Therefore, instead of being easy to raise, “human” has chosen “dangerous”.


Many creatures are extinct as the global environment worsens.


Don't take this lightly.


Everything coexists, and there is earth. Therefore, it is difficult to survive only living things that are artificially raised.


It is necessary to recognize that they are being used naturally.


Therefore, various diseases are increasing in artificially raised livestock.

This is serious and these mean that food is reduced.


The top of the food chain is human, so it needs to be adjusted.


I don't know what it is.


But this will eventually be adjusted. Humans have "sex".


This is one of the extinction factors.


Let's look at a plant with a long life span.


Kiwi trees thrive by giving fruit to other creatures.


However, ginkgo trees cannot touch the seeds of life by hand.


It has saved lives by being preserved, but it is now an "endangered species".

In this way, it can be observed in plants that have a long life span.


From this, we can see that it is very important to give “grace” to the people around us, and that it is kind to the earth.


By the way, what about humans for the environment now?

Food is "life."


Are you poor?

Food is "life."

Thank you and cherish it.


"Life" is limited.


"Life" cannot live without coexistence.

Let's live humbly, knowing that it is the only kind of "life".

最新記事

すべて表示

日本における少子高齢化社会をどう乗り切るべきか?

日本における少子高齢化社会をどう乗り切るべきか? 日本は、世界の中でも、少子高齢化社会が顕著に現れております。国連の報告によると、2022年時点で世界の人口の65歳以上が、10億人を超え、今後30年間でさらに20億人に達すると予想されています。特に、東アジアやヨーロッパで高齢化が著しく進展すると考えられます。 現代の若者は、娯楽が多く、医療も発展していることから、余分に、子供を持つことは、少なくな

日本における少子高齢化社会がもたらす現象と対策と課題

日本における少子高齢化社会がもたらす現象と対策と課題 日本における15歳から64歳までの生産人口は、1995年をピークに減少を続けており、2020年には7450万人で、総人口に占める割合は59.4%になっています。今後、生産年齢人口は、さらに減少していくものと推計されており、社会保障制度の維持や経済成長の停滞が懸念されています。 高齢者人口の増加により、65歳以上人口は、1970年には700万人を

日本の人口動向と日本人が長寿国であることの要因

日本の人口動向と日本人が長寿国であることの要因 日本の人口動向 2024年現在、日本の人口は、約1億2500万人と推計されており、世界12位の人口規模となっています。しかし、近年は深刻な少子高齢化の影響で人口減少が続いており、2023年には、ついに自然減に転換しました。 出生率は、2023年には、1.30と過去最低を更新し、合計特殊出生率も1.35と依然として出生ラインの2.0を大きく下回っていま

Comments


bottom of page