top of page

「こんにゃく」でダイエットして健康管理をする。Diet with “konjac” and manage your health.

今回は、食生活のカロリーダウンについて書いてみようと思います。

ひと昔前には、「太った」人が、とても魅力的だった、とされる。

これは、食べものがあまり無かったので、豊かなしるしとして、目立ったし、人々は、「無いものねだり、ナイモノネダリ」つまり、実現することが、難しいことを、欲しくなる。

今、人々は、一部のお国を除いて、飽食の時代、です。

この食料の余剰廃棄は、非常に問題になっていて、SDGs、Sustainable Development Goals 持続可能な開発目標、環境と共に、発展することを求められています。

このように、地球規模で見ると、色んなものが、偏在しています。

そして、この食生活が、豊かなお国は、今、ダイエットが、ブームです。太ることは、簡単で、豊かで、色んな食材があり、誘惑が、沢山ある。

だから、このような時代において、「痩せて、普通の体型」で、いることは、非常に難しく、これは、「誘惑」負けない、精神が要る。

だから、これも、「無いものねだり、ナイモノネダリ」です。

人々は、希少なものに、憧れます。

日本では、そんなに、「太った」人は、少ない。

だから、海外に行けば、驚きを持って、見られる、ことも、多い。

そして、日本食が、世界に、広く受け入れられる、のだと感じる。

今回は、その中で、おすすめしたい、食材があります。

それは、「こんにゃく」です。

里いも科の多年生作物で、原作国はインドです。これを加工した物、が、一般的に「こんにゃく」です。

この頃は、こんにゃく芋が、希少になり、代替の食材を使って作ります。

この「こんにゃく」は、100g、6.9kcal、で、非常に低カロリーです。

一番太る原因は、「甘いもの」にあります。

これは、「依存性」があり、「砂糖」を発見して、人類は、「虫歯」になるようになった、とされる。

話は、少し逸れてしまったけれども、それだけ、味覚は、「痩せる」為に必要、です。

主食の、パンやご飯には、糖分があります。

つまり、炭水化物は、「甘いもの」で依存性があります。

これは、「太る」原因になる。

このことは、GI値という言葉もある。

GI値とは、グリセミックインデックス値と言われ、炭水化物に含まれる「糖質」の値です。

ですから、この値は、非常に大切で、これを解く「鍵」が、「こんにゃく」です。

こんにゃくを加工して、お米にした商品、もある。

だから、この「こんにゃく」を主食に、上手に、取り入れる、ことは、「食欲」を抑え、その上に、「痩せる」効果が、あります。

皆さまの生活が、より良い生活になりますように。

この記事は、Wikipedia を参考に作られました。


一度だけ寄付する

寄付していただきありがとうございます。寄付

 

毎月寄付する

寄付していただきありがとうございます。月単位で寄付する

 

毎年寄付する

寄付していただきありがとうございます。年単位で寄付する

Comments


bottom of page